イノベーションの創出を加速する研究開発拠点「協創の森」を開設

ad
ad

2019-04-11 日立製作所

お客さまやパートナーとのオープンな協創により、

イノベーションの創出を加速する研究開発拠点「協創の森」を開設

人間中心でQoLの高い持続可能な社会の実現をめざす

[画像]「協創の森」全景と新研究棟「協創棟」

「協創の森」全景と新研究棟「協創棟」

  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、SDGsやSociety5.0 の実現に向け、オープンな協創による新たなイノベーション創生を加速するための研究開発拠点として、東京都国分寺市にある中央研究所内に「協創の森」*1を開設しました。

  「協創の森」では、世界中からお客さまやパートナーを招き、社会課題の解決に向けたビジョンを共有するとともに、アイデアソンやハッカソンなどを開催して新たな事業機会を探索します。また、日立が長年にわたり蓄積してきたIT、OT*2、プロダクトの知見やコア技術、顧客協創方法論「NEXPERIENCE」、Lumada IoT プラットフォームを活用しながら、アイデア創出、ラピッドプロトタイピング、実証のサイクルをスピーディに繰り返すことで、事業シナリオを構築し、グローバルにイノベーション創生を加速します。

  日立は、1910年の創業以来、「和」、「誠」、「開拓者精神」を日立創業の精神として、さまざまな社会インフラ事業、情報事業などを次々と創出してきました。現在のIoT時代において、創業から109年を経た今も受け継がれているベンチャースピリットとオープンな協創を通じて、社会課題を解決するイノベーションを創生し、QoL(Quality of Life)が高く、持続可能な人間中心の社会の実現に貢献していきます。

  2015年に国連で採択されたSDGsに代表されるように、社会の持続的発展に向けた課題解決のための活動が各国に求められており、日本では、政府が提唱するSociety 5.0の実現に向けた取り組みが進められています。

タイトルとURLをコピーしました