平成29年度アスベスト大気濃度調査結果について

ad
ad
2018/07/30  環境省

平成29年度アスベスト大気濃度調査結果について

環境省では、アスベストによる大気汚染の状況を把握し、今後のアスベスト飛散防止を検討するための基礎資料とするとともに、国民に対し情報提供するため、平成17年度より毎年、大気中のアスベスト濃度を調査しています。今般、平成29年度の調査結果を取りまとめましたので、お知らせします。
平成29年度は全国57地点で測定しました。多くの地点において、アスベスト以外の繊維を含む総繊維について特に高い濃度は見られませんでした。一方、一部の解体現場等においてアスベスト繊維について比較的高い濃度が見られたため、事業者への指導等を行うとともに、平成30年度も継続して調査を行うこととしています。

1 調査目的

本調査は、平成17年12月27日付け「アスベスト問題に係る総合対策」(「アスベスト問題に関する関係閣僚による会合」決定)に基づき、 アスベストによる大気汚染の状況を把握し、今後のアスベスト飛散防止対策の検討に当たっての基礎資料とするとともに、国民に対し情報提供するために実施したものです。

2 調査方法

(1) 調査地点

調査は、環境省が平成17年度から調査している継続調査地点31地点、自治体から推薦のあった平成29年度調査地点10地点及び熊本地震に係る熊本県内地域16地点の全国57地点で、大気中のアスベストおよびその他の繊維を含む総繊維数濃度を測定しました。

調査地点を、解体現場等の発生源周辺地域、発生源の影響を受けない住宅地域等のバックグラウンド地域及びその他の地域としました。その内訳は次のとおりです。

調査区分調査時期調査
地点
発生源周辺地域

調査地点内訳

バックグラウンド地域

調査地点内訳

その他の
地域
旧石綿製品製造
事業場等
廃棄物
処分場等
解体現場蛇紋岩
地域
高速道路及び幹線道路沿線住宅地域商工業
地域
農業地域内陸山間
地域
離島地域破砕施設
継続

調査

タイトルとURLをコピーしました