養豚や乳用牛・肉用牛生産がもたらす環境負荷はもっと小さいことが判明

ad
ad

現場実測データにより、尿汚水処理による温室効果ガス排出量の推定値が従来より41%少ない値に

2018/04/17 農研機構 岡山県農林水産総合センター畜産研究所
千葉県畜産総合研究センター  佐賀県畜産試験場(現 杵島農業改良普及センター)
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

ポイント

農研機構と共同研究機関は、豚・牛の尿汚水処理で発生する温室効果ガス(一酸化二窒素1)およびメタン2))の実測に基づいて、汚水に含まれる窒素、または有機物1gから排出される一酸化二窒素とメタンの量を示す「一酸化二窒素排出係数3)」及び「メタン排出係数3)」を算出し直しました。その結果、現行では一酸化二窒素の排出係数が過大に見積もられていることがわかりました。最新の排出係数を用いると、豚・牛の尿汚水処理に伴う温室効果ガス排出量(一酸化二窒素およびメタンの合計量)の推定値は、現行の排出係数を用いた推定値と比べて年間60万トン(41%)少なくなりました。今回算出した一酸化二窒素およびメタンの排出係数は、国の新たな基準として採用される予定です。

概要

畜産由来の温室効果ガス排出量は、日本の農業由来の温室効果ガス排出量の41%を占めると推定されており、より環境負荷の少ない家畜生産体系の開発が求められています。一方、現在の家畜排せつ物由来の温室効果ガス(一酸化二窒素およびメタン)排出量は実験室内データに基づいて算出された排出係数を用いて推定されていて、実際の値とのかい離が懸念され、現場の発生量の正確な把握が必要でした。
そこで農研機構は、豚・牛の飼養の排せつ物管理において温室効果ガス排出量の多くを占める、尿汚水の浄化処理4)に由来する温室効果ガス(一酸化二窒素およびメタン)について、岡山県農林水産総合センター畜産研究所、千葉県畜産総合研究センター、佐賀県畜産試験場および三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社との共同研究で、現場実測データをもとに排出係数を算定し直しました。
その結果、現行では一酸化二窒素の排出係数が過大に見積もられていることがわかりました。最新の排出係数を用いると、我が国の豚・牛の尿汚水処理に伴う温室効果ガス排出量(一酸化二窒素およびメタンの合計量)の推定値は、現行の排出係数を用いた推定値と比べて、年間60万トン少なくなることがわかりました(41%減少、二酸化炭素に換算した算定値)。
今回算出した一酸化二窒素およびメタンの排出係数は、「日本国温室効果ガスインベントリ報告書5)」に採用される予定で、今後我が国において、養豚や乳用牛・肉用牛生産がもたらす環境影響評価の算定に用いられます。
また、今回算定した温室効果ガスの排出係数は、削減すべき取り組むべき優先順位の高い排出源を特定するためにも、現状を正確に示す値として、より環境負荷の少ない家畜生産体系の開発に役立ちます。

関連情報

予算:農林水産省委託プロジェクト研究「農業分野における気候変動緩和技術の開発」のうち「畜産分野における気候変動緩和技術の開発」、農林水産省委託事業「平成24年度農林水産分野における地球環境対策推進手法開発事業のうち「農林水産業由来温室効果ガス排出量精緻化検討・調査事業」

お問い合わせ

研究推進責任者
農研機構畜産研究部門 研究部門長 塩谷 繁

研究担当者
農研機構畜産研究部門 畜産環境研究領域 長田 隆
岡山県農林水産総合センター畜産研究所 白石 誠、水木 剛
千葉県畜産総合研究センター 長谷川 輝明
佐賀県畜産試験場(現 杵島農業改良普及センター)河原 弘文
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 川島 一真、森本 高司

タイトルとURLをコピーしました