平成30年(2018年)霧島山(新燃岳)の噴火に関する対応

ad
ad
2018/03/23  国土地理院
だいち2号のSAR強度画像に基づく地形変化

だいち2号のSARデータを使用した解析により、3月1日以降に噴火が発生した霧島山(新燃岳)の火山活動に伴う地形変化を以下のとおり明らかにしました。
(平成30年3月21日13:00観測時点)

  • 3月15日23:23頃と比べ3月21日13:00頃では火口内の溶岩の範囲に顕著な変化はありません。
  • 新燃岳火口内の溶岩は、北西側で火口縁を越えています。火口外への流出は3月9日に開始しましたが、流出速度は非常にゆっくりです。
  • 溶岩は新燃岳火口の一面に広がっており、その直径は約700mとなっています。
観測年月日
時刻
衛星進行方向
電波照射方向
入射角
地形変化領域
(溶岩)
公表日時画像
(PNG形式)
 12017年10月31日
23:30頃(噴火前)
北行

48°
—-2018年3月 7日SAR強度画像
22018年 3月 5日
12:18頃
南行

36°
—-2018年3月 9日
10時
SAR強度画像
32018年 3月 6日
23:30頃
北行

48°
直径約450m2018年3月 7日SAR強度画像
42018年 3月 7日
13:00頃
南行

46°
直径約550m2018年3月 7日SAR強度画像
52018年3月 9日
0:11頃
北行

33°
直径約650m2018年3月 9日
10時
SAR強度画像
62018年3月 9日
12:04頃
南行

53°
直径約700m2018年3月 9日
19時
SAR強度画像
72018年3月10日
12:25頃
南行

23°
直径約700m2018年3月10日SAR強度画像
82018年3月10日
23:16頃
北行

61°
直径約700m2018年3月11日SAR強度画像
92018年3月11日
23:36頃
北行

39°
直径約700m2018年3月12日SAR強度画像
102018年3月12日
13:07頃
南行

53°
直径約700m2018年3月12日SAR強度画像
112018年3月14日
0:18頃
北行

43°
直径約700m2018年3月14日SAR強度画像
122018年3月14日
12:11頃
南行

46°
直径約700m2018年3月14日SAR強度画像
132018年3月15日
23:23頃
北行

55°
直径約700m2018年3月16日SAR強度画像
142018年3月21日
13:00頃
南行

46°
直径約700m2018年3月23日SAR強度画像

1.噴火開始後の地形変化  ※画像をクリックすると地理院地図が表示されます。

図1:2017 年10月31日23:30頃のSAR強度画像  図2:2018 年 3 月 5日12:18頃のSAR強度画像

図3:2018 年 3 月 6日23:30頃のSAR強度画像  図4:2018 年 3 月 7日13:00頃のSAR強度画像

図5:2018 年 3 月 9日0:11頃のSAR強度画像   図6:2018 年 3 月 9日12:04頃のSAR強度画像

図7:2018年 3月10日12:25頃のSAR強度画像   図8:2018年 3月10日23:16頃のSAR強度画像

図9:2018年 3月11日23:36頃のSAR強度画像     図10:2018年 3月12日13:07頃のSAR強度画像

図11:2018年 3月14日0:18頃のSAR強度画像   図12:2018年 3月14日12:11頃のSAR強度画像

図13:2018年 3月15日23:23頃のSAR強度画像 図14:2018年 3月21日13:00頃のSAR強度画像

図15: SAR強度画像から判読した地形変化領域

タイトルとURLをコピーしました