港湾におけるヒアリ確認調査の実施について

ad
ad
平成30年1月29日環境省
平成29年6月に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)が国内で初めて確認されて以降、環境省及び国土交通省では、中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾における調査を同年8月より順次実施し、同年11月に一旦調査を終了したところです。
今般、冬季におけるヒアリの侵入状況を確認するために、中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する主要な11港湾を対象に調査を実施することとしましたので、お知らせします。

1. 調査の目的

ヒアリについては、平成29年6月9日に兵庫県尼崎市で初めて確認されて以降、現在までに12都府県、26事例が確認されています。
今般、冬季における侵入状況を確認することを目的として、ヒアリの確認調査を実施します。

2.調査の概要

専門業者による目視調査及び粘着トラップの設置による調査を、平成30年2月1日より順次実施します。
これまでのヒアリの確認状況や中国、台湾等からの貨物取扱量の多さから、東京港、横浜港、清水港、名古屋港、大阪港、神戸港、水島港、広島港、北九州港、博多港の10港、また冬季の気温等から那覇港の計11港湾を対象とします。
なお、本調査においてヒアリが発見された場合には、殺虫処分を行う等の緊急的な防除を実施します。

3.調査日程

調査地トラップ設置日トラップ回収日
大阪港2月1日2月5日
博多港2月2日2月9日
東京港2月9日2月13日
広島港2月9、10日2月14日
清水港2月14日2月19日
水島港2月18日2月21日
横浜港調整中調整中
名古屋港調整中調整中
神戸港調整中調整中
北九州港調整中調整中
那覇港調整中調整中

※調整中の港湾については、調査日が確定し次第、下記の環境省ホームページで、随時公表します。また、調査日は天候等の理由により変更になる可能性もあります。

4.結果の公表

本調査においてヒアリが確認された場合には、速やかに報道発表することとし、確認されなかった場合を含め、調査結果については随時、下記の環境省ホームページにて公表します。

タイトルとURLをコピーしました