タイ・バンコク国立博物館で8K映像の展示

スポンサーリンク
平成29年12月13日
「日本美術のあゆみ-信仰とくらしの造形-」展における8K映像の展示
 総務省は、文化庁と協力して、平成29年12月26日(火)からタイ王国バンコク国立博物館(バンコク)で開催される「日本美術のあゆみ-信仰とくらしの造形-」展において、超高精細映像技術(8K(※1))を活用した映像の展示により我が国の優れた4K・8K技術のPRを行います。
 「4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合 第二次中間報告」(平成27年7月)においては、4K・8K技術に関連した様々な製品やサービスが開発・販売され、生活、文化、社会に浸透していくことは、4K・8K技術に関する様々な分野の国内産業の発展、さらには国際市場での競争力強化につながるものであるとともに、これらの技術に基づいた放送サービスの展開及び普及にも寄与するものであり、総合的な取組を推進していくことが肝要、とされています。
また、本年10月に策定した情報通信分野の海外展開戦略においても、膨大な世界市場の形成が見込まれる4K・8K技術について我が国企業のビジネス機会を拡大するため、広告、医療、設計・デザイン等を含めた多分野において4K・8K技術の普及展開を図ることとしています。
さらに、タイ政府との間では、平成28年11月に、総務省とタイ王国国家放送通信委員会との間で署名された放送・通信分野の協力に関する覚書に基づき、4K・8Kなどの先進的放送技術に関する協力が進められているところです。
このような状況を踏まえ、今般、総務省は、美術分野における8K利活用の事例を海外において具体的に示し、我が国の優れた4K・8K技術の普及展開に資することを目的として、文化庁と協力して、バンコク国立博物館で開催される「日本美術のあゆみ-信仰とくらしの造形-」展において8K映像の展示を行うこととしました。
総務省は、このような取組を通じ、引き続き、4K・8Kの総合的な推進を進めてまいります。

【バンコク国立博物館「日本美術のあゆみ-信仰とくらしの造形-」展での8K展示概要】
期間: 平成29年12月26日(火)~平成30年2月18日(日)(※2)
場所: タイ王国バンコク国立博物館「日本美術のあゆみ-信仰とくらしの造形-」展(※3会場内
概要: 「千体仏の小宇宙 ~京都 三十三間堂~」及び「祝舞 石橋 和合連獅子~金剛流~」(いずれもNHK制作)を8Kディスプレイにより上映し(※4)、臨場感溢れる8K映像のデモンストレーションを実施

「千体仏の小宇宙 ~京都 三十三間堂~」

「千体仏の小宇宙 ~京都 三十三間堂~」参考画像
「祝舞 石橋 和合連獅子~金剛流~」

「祝舞 石橋 和合連獅子~金剛流~」参考画像
※1: 現行の地上デジタルテレビ放送の16倍の画素数(約3,300万画素)により高精細で立体感、臨場感ある映像を実現する技術
※2: 「日本美術のあゆみ-信仰とくらしの造形-」展の一般公開は、平成29年12月27日(水)~平成30年2月18日(日)
※3: 主催:文化庁、東京国立博物館、九州国立博物館、国際交流基金、タイ文化省芸術局
協賛:日本航空、GLASBAU HAHN、タキヤ株式会社、油脂製品株式会社、株式会社カネカ、
ミネベアミツミ株式会社、株式会社岡村製作所
協力:総務省、映像提供:NHK、機材提供:アストロデザイン株式会社、シャープ株式会社
後援:在タイ日本国大使館、タイ国日本人会
※4: シャープ株式会社製8Kディスプレイ、アストロデザイン株式会社製8K再生装置を使用

【参考】
・文化庁主催海外展「日本美術のあゆみ-信仰とくらしの造形-」展(於タイ王国)の開催(平成29年11月28日)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1398816.html別ウィンドウで開きます
・海外展開戦略(情報通信)の策定(平成29年10月31日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin06_02000105.html別ウィンドウで開きます
・タイ王国国家放送通信委員会との放送・通信分野の協力に関する覚書の署名(平成28年11月15日)http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin09_02000050.html別ウィンドウで開きます

連絡先
情報流通行政局 放送技術課
担当:柴田課長補佐、佐々木係長
電話:03-5253-5784(直通)
FAX:03-5253-5788
E-mail:btd_i_atmark_ml.soumu.go.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。
送信の際には、「@」に変更してください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク