宇宙航空研究開発機構一覧

国際宇宙ステーション・「きぼう」「電子の集中豪雨」による被ばく線量を測定

ISS/「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームに搭載された、日本が開発した3つの観測装置宇宙環境計測ミッション装置(SEDA-AP)、全天X線監視装置(MAXI)、高エネルギー電子・ガンマ線望遠鏡(CALET)の2年半に渡る同時観測データを用いることで、その測定に成功した。

宇宙探査イノベーションハブの共同研究成果

「遠隔操作と自動制御の協調による遠隔施工システム」の実現を目指した共同研究開発を進め、月での無人による有人拠点建設をイメージした2種の自動化建設機械による実験を行い、拠点建設の実現可能性を見出すことができた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク