0501セラミックス及び無機化学製品

0501セラミックス及び無機化学製品

炭素膜グラフェンと金はどのように電子の手をつなぐか?~金原子の配置でグラフェンとの化学結合を操作して省エネ集積回路の実現へ~

2023-01-30 日本原子力研究開発機構,名古屋大学,大阪大学 【発表のポイント】 本来は化学結合しにくい炭素膜グラフェンと金を接触させたとき、限られた条件で化学結合を作ることが知られていますが、そのメカニズムは分かっていま...
0501セラミックス及び無機化学製品

希土類元素の周りに集まる「T」分子(‘T’ molecules huddle around rare earth elements)

2023-01-26 オークリッジ国立研究所(ORNL) ◆オークリッジ国立研究所の研究者たちは、液体-液体抽出法(LLE)、つまり化学的に類似した元素を分離するために産業界で使用されている方法で、重要物質を回収するために設計された分子に...
0501セラミックス及び無機化学製品

磁場により体積が大きく膨張する新材料の発見~新たなアクチュエータ材料としての応用に期待~

2023-01-25 東京大学,名古屋大学 クロムテルル化物において、磁場を加えたときに最大級の体積膨張を実現した。この体積膨張は室温を含む幅広い温度領域で現れ、広い磁場範囲で磁場に比例する特徴をもつ。 この磁場中体積膨張が...
ad
0501セラミックス及び無機化学製品

デザイナーズ分子で貴重な鉱物を浮遊させることができるかもしれない(Designer molecules may help valuable minerals float)

2023-01-24 オークリッジ国立研究所(ORNL) ◆オークリッジ国立研究所とアリゾナ州立大学の臨界材料研究所の研究者は、エネルギー、防衛、製造用途の重要な材料を回収する方法を強化するために、希土類元素の重要な供給源であるモナザイト...
0501セラミックス及び無機化学製品

最大性能の巨大負熱膨張物質~材料組織観察の結果を用いた物質設計~

2023-01-23 量子科学技術研究開発機構 要点 最大の体積減少を示す負熱膨張物質を開発 コヒーレント放射光と電子顕微鏡による材料組織観察に基づいて物質を設計 光通信や半導体分野で利用される熱膨張抑制材としての活...
0501セラミックス及び無機化学製品

2つの技術的ブレークスルーにより、高品質な2次元材料が可能になる(Two technical breakthroughs make high-quality 2D materials possible)

Sang-Hoon Bae氏と共同研究者は、次世代エレクトロニクスをより速く、より少ない電力で実現するための研究を行った。 Work by Sang-Hoon Bae, collaborators would make next-gene...
0501セラミックス及び無機化学製品

光を99.98%以上吸収する至高の暗黒シート~触れる素材で黒さ世界一、秘密は漆に似た成分と光閉じ込め構造~

2023-01-18 産業技術総合研究所 ポイント 従来の暗黒シートと比べて可視光の反射率が一桁低く、レーザーポインターの光も消えて見える カシューオイル黒色樹脂の表面に微細な凹凸構造を形成し、くすみもぎらつきも少ない深い...
0501セラミックス及び無機化学製品

サブミリメートルの長距離にも渡る水素の表面拡散を観測~活性水素の利用に新しい道~

2023-01-18 京都大学 菅大介 化学研究所准教授、鎌田太郎 同修士課程学生(研究当時)、島川祐一 同教授の研究グループと田中庸裕 工学研究科教授、細川三郎 京都工芸繊維大学准教授、湯村尚史 同教授は共同で、パラジウム(Pd)金...
0501セラミックス及び無機化学製品

型破りな実験により、大きな可能性を秘めた新しいナノスケール粒子を発見(Unconventional experiments produce new nanoscale particles with big potential)

2023-01-13 ペンシルベニア州立大学(PennState)  ナノ粒子は100ナノメートルより小さい、つまりウイルス程度の大きさの複雑な物質であるが、医療からエネルギー、エレクトロニクスまで、幅広い応用が期待されている。このたび、...
0501セラミックス及び無機化学製品

新しい炭素の形「長距離秩序型多孔質炭素(LOPC)」を発見 長距離秩序型多孔質炭素(LOPC)Discovery of a new form of carbon called Long-range Ordered Porous Carbon (LOPC)

フラーレンを窒化リチウムで加熱することで、新しい形の炭素が形成される The new form of carbon is formed by heating fullerenes with lithium nitride 2023-01...
0501セラミックス及び無機化学製品

ナノ粒子でナノ構造をボトムアップ製造 (Building with nanoparticles, from the bottom up)

2022-12-26 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT が、ナノ粒子の配列と位置を精確に制御して材料表面の損傷等の無いナノ構造をボトムアップ作製する、ナノ粒子コンタクトプリンティング技術を開発。 ...
0501セラミックス及び無機化学製品

低炭素技術の希土類元素依存を低減する「コズミックマグネット」の新しい作製手法 (New approach to ‘cosmic magnet’ manufacturing could reduce reliance on rare earths in lowcarbon technologies)

2022-12-25 英国・ケンブリッジ大学 ・ ケンブリッジ大学、オーストリア科学アカデミー(OeAW)およびレオーベン鉱山業大学が、高性能磁石のテトラテーナイトを合成する新技術を実証。 ・ 高性能磁石は、ゼロカーボン経済...
ad
タイトルとURLをコピーしました