0505化学装置及び設備

0505化学装置及び設備

二酸化炭素をほとんど排出せず、天然ガスから有用化学品を直接合成 ~高性能・高耐久な鉄酸化物サブナノクラスター触媒を開発~

2022-05-23 東京大学,科学技術振興機構 ポイント 分子状鉄–タングステン酸化物を用いることで、世界で初めて600度で長時間安定な鉄酸化物サブナノクラスター触媒の開発に成功した。 メタンから従来の鉄酸化物触...
0505化学装置及び設備

人工嗅覚センサーを介した呼気センシングによる個人認証 ~化学情報による偽造できない生体認証技術実現へ期待~

2022-05-20 東京大学,九州大学,名古屋大学,パナソニック インダストリー株式会社,科学技術振興機構 ポイント 16種類の高分子材料と導電性カーボンナノ粒子の混合物で構成される人工嗅覚センサーを介して、呼気センシ...
0505化学装置及び設備

高出力レーザー用ダイヤモンドミラー(Diamond mirrors for high-powered lasers)

高出力・連続ビームレーザーの熱に耐えるダイヤモンド Diamonds can withstand the heat from high-powered, continuous beam lasers 2022-05-17 ハーバード大学...
0505化学装置及び設備

リムリック大学で開発された新素材は「空気中の有害汚染物質を捕捉する」(New material developed at University of Limerick can ‘capture toxic pollutants from air’)

2022-05-17 アイルランド・リムリック大学(UL) リムリック大学の研究者たちは、空気中の有毒化学物質を捕捉する能力を持つ新材料を開発しました。 この材料は、空気中の微量の有害汚染物質であるベンゼンを捕捉することができ、研究者に...
0505化学装置及び設備

燃焼時に排出される大気汚染物質を抑制した 火力発電用ボイラ向けバーナのアンモニア専焼に成功

2022-05-17 IHI IHIはこのたび,相生工場(兵庫県相生市)内の小型燃焼試験設備にて,大気汚染物質である窒素酸化物(NOx)を抑制した状態でのアンモニア専焼に成功しました。これにより,火力発電用ボイラにおけるアンモニア専焼...
0505化学装置及び設備

鉄さびの主成分を使って二酸化炭素を再資源化 ~多存物質を活用した人工光合成の実現に期待~

2022-05-16 東京工業大学,科学技術振興機構 ポイント 鉄さびの主成分であるα型酸水酸化鉄からなる新しい固体触媒を開発 可視光をエネルギー源として、CO2を水素のキャリア物質であるギ酸へ変換 世界最高...
0505化学装置及び設備

水を超高速で通すにもかかわらず塩を通さないフッ素ナノチューブを開発~次世代超高効率水処理膜の実現に向けて~

2022-05-13 東京大学 1.発表者: 伊藤 喜光(東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 准教授/JST さきがけ研究員) 佐藤 浩平(研究当時:東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 博士課程学生、現...
0505化学装置及び設備

家庭用・業務用エアコンへの適用が期待できる低GWP(地球温暖化係数)冷媒の自己分解反応の抑制に成功

2022-05-13 新エネルギー・産業技術総合開発機構,東京大学 NEDOと東京大学大学院新領域創成科学研究科は、「省エネ化・低温室効果を達成できる次世代冷媒・冷凍空調技術及び評価手法の開発」の一環で、家庭用・業務用エアコンへの適用...
0505化学装置及び設備

ペットボトル原料製造過程における難分解性廃水の効率的な処理に成功~異なる組成の廃水を意図的に混ぜて微生物の相互作用を促進して環境を守る~

2022-05-13 産業技術総合研究所 ポイント ペットボトル原料製造の廃水で浄化が難しい芳香族化合物を、異なる工程の廃水を意図的に混合することで、微生物による分解を促進することに成功 難分解成分の一つ、オルソフタル酸の...
0505化学装置及び設備

遷移金属不使用の触媒を用いて大気濃度CO2から合成ガスを製造する技術を開発~CO2を原料とした液体燃料や化学品製造の実現に前進~

2022-05-13 産業技術総合研究所 ポイント 遷移金属を使用せず、CO2吸収と一酸化炭素への還元という二つの機能を持つ二元機能触媒を開発 大気中の低濃度のCO2でも効率よく吸収し、CO2の分離や濃縮工程なしで合成ガス...
ad
タイトルとURLをコピーしました