0505化学装置及び設備

0505化学装置及び設備

既存の高炉に新規に適応することで、製鉄所の排出量を90%削減可能(Novel adaptation for existing blast furnaces could reduce steelmaking emissions by 90%)

バーミンガムの研究者が、鉄鋼業から排出される二酸化炭素を根本的に削減する「閉ループ」炭素リサイクルシステムを考案しました。 Birmingham researchers have devised a ‘closed loop’ carbo...
0505化学装置及び設備

大気中の超微量なガス成分をすばやく識別可能~独自の大気中電子放出デバイスを搭載した IMS(Ion Mobility Spectrometry)分析装置を開発~

2023-01-24 シャープ株式会社 開発したIMS分析装置 シャープは、独自の大気中電子放出デバイスによるイオン化技術を搭載し、大気中の超微量のガス成分をすばやく識別できるIMS(Ion Mobility Spect...
0505化学装置及び設備

国内初 メタンバスへ再エネ利用のe-methane(合成メタン)を供給開始 ~福島県相馬市運用のコミュニティバスでCO₂フリー水素からのe-methaneを活用~

2023-01-23 IHI技術情報 IHIは,福島県相馬市(以下「相馬市」)の協力の下,相馬市において太陽光発電電力の地産地消と,地域振興・発展に寄与することを目的に実施しているスマートコミュニティ事業の一環として,相馬市が運用する...
ad
0505化学装置及び設備

ゲルマニウム水素化物をキャリアとする新しい化学的水素貯蔵技術の開発~省エネ・安全な手法で、水素社会の実現へ~

2023-01-23 東京大学 ○発表者: 砂田 祐輔(東京大学 生産技術研究所 教授) 小林 由尚(東京大学 大学院工学系研究科応用化学専攻 博士課程) ○発表のポイント: ◆毒性のないゲルマニウム水素化物を水素キャリア...
0505化学装置及び設備

力活性化顔料の虹(A Rainbow of Force-Activated Pigments)

2023-01-23 カリフォルニア工科大学(Caltech) ◆キャルテックのマックスウェル・ロブ助教授(化学)は、力を加えると色が変わるポリマーを作ることで、応力の識別を容易にする研究を行ってきた。このたび『Nature Chemis...
0505化学装置及び設備

インプレース製法により、ガスセンサーの性能と生産時間を改善(In-place manufacturing method improves gas sensor capabilities, production time)

2023-01-19 ペンシルベニア州立大学(PennState) ◆伸縮性と柔軟性に優れたガスセンサーは、ウェアラブル医療機器として使用すると、呼吸や汗に含まれる酸素や二酸化炭素のレベルを検出し、健康状態や問題を特定することができます。...
0505化学装置及び設備

エアロゾルの動きを制御する新しい「ホイッピングジェット」噴霧器(Study: New ‘whipping jet’ sprayer controls how aerosols move)

本発明は、製薬、自動車、食品加工、炭素回収、その他の産業に利益をもたらす可能性がある The invention could benefit pharmaceutical, automotive, food processing, car...
0505化学装置及び設備

高効率なナノアンテナ蛍光体開発に成功~省エネ照明に期待~

2023-01-17 京都大学 材料化学専攻の 村井俊介 工学研究科助教、Feifei Zhang 同ポスドク研究員(当時)、愛知広樹 同修士課程学生(当時)、田中勝久 同教授は、指向性ある蛍光を放つ「ナノアンテナ蛍光体」の作製に成功...
0505化学装置及び設備

太陽光発電による安価で持続可能な水素(Cheap, sustainable hydrogen through solar power)

高温と太陽160個分の光に耐える新触媒は、従来の同種の太陽熱発電による水分解装置の10倍の効率を達成した Withstanding high temperatures and the light of 160 suns, a new ca...
0505化学装置及び設備

グリーンアンモニアと「環境にやさしい」肥料への大きな一歩(A big step toward ‘green’ ammonia and a ‘greener’ fertilizer)

2023-01-11 カリフォルニア大学バークレー校(UCB)  アンモニアの工業生産は、主に前世紀の「緑の革命」の燃料となった合成肥料のために行われており、世界最大の化学市場の一つであると同時に、最もエネルギーを消費する市場の一つでもあ...
0505化学装置及び設備

タンデム触媒による新しいC-H官能基化反応の開発に成功~CO2の新たな有効利用法として期待~

2023-01-06 理化学研究所 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター 先進機能触媒研究グループの侯 召民グループディレクター(開拓研究本部 侯有機金属化学研究室 主任研究員)、ハリクリシュナ・サフー 特別研究員、張 亮 専...
0505化学装置及び設備

空気から作るソーラー燃料への一歩(A step towards solar fuels out of thin air)

EPFLの化学技術者たちは、透明で多孔質の新しい電極の上に、空気中の水分を採取して水素燃料に変換することができる、太陽光発電の人工葉を発明した。この半導体ベースの技術は、拡張性があり、調製が容易です。 EPFL chemical engi...
ad
タイトルとURLをコピーしました