ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた銀河遭遇の可能性(Hubble Captures a Suspected Galaxy Encounter)

ad

2024-02-01 NASA

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた銀河遭遇の可能性(Hubble Captures a Suspected Galaxy Encounter)
This new NASA Hubble Space Telescope image is of the spiral galaxy UGC 3912.
NASA, ESA, and C. Kilpatrick (Northwestern University); Processing: Gladys Kober (NASA/Catholic University of America)

UGC 3912は螺旋銀河だが、NASAハッブル宇宙望遠鏡の画像からは歪んだ形状が分かる。これは他の銀河との重力的な相互作用の兆候で、巨大な影響によって形状が変わった可能性がある。銀河が相互作用すると星や物体の軌道が大きく変わるが、それでも個々の星や物体は維持される。UGC 3912は超新星活動の研究の一環として観察され、ハッブルは「Type II」と呼ばれる水素豊富な超新星の謎を解明しようとしている。このタイプの超新星は輝度や分光学において多様性があり、まだ理解されていない。

<関連情報>

1701物理及び化学
ad
ad
Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました