2024-02-02

0402電気応用

耐水性と超柔軟性を備えた超薄型有機太陽電池を開発~水中で長時間駆動~

2024-02-01 理化学研究所 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター 創発ソフトシステム研究チームの福田 憲二郎 専任研究員、染谷 隆夫 チームリーダーらの国際共同研究グループは、超薄型有機太陽電池の耐水性を改善し、水中でも駆動...
1701物理及び化学

初期宇宙のクエーサーから強烈に噴き出す分子ガスを発見~銀河の成長を抑制するメカニズムの解明へ~

2024-02-01 国立天文台 初期宇宙の銀河中心で明るく輝くクエーサーから、分子ガスが激しく噴き出ている様子(想像図)。(クレジット:ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)) 画像(1.4MB) 初期宇宙の銀河中心で明るく輝くクエーサ...
1700応用理学一般

量子デバイスの欠陥とゆらぎを探る実験(Experimentation explores defects and fluctuations in quantum devices)

2024-02-02 ロスアラモス国立研究所(LANL) ◆ロスアラモス国立研究所とD-Wave Quantum Systemsのチームが実施した実験的な研究では、揺らぎが量子ビットネットワークで磁気秩序を誘発する逆説的な役割を解明しました...
1700応用理学一般

研究者たちが高温超伝導体を作る新しい方法を編み出す(Researchers Craft New Way to Make High-Temperature Superconductors – With a Twist)

2024-01-30 ラトガース大学 ◆ルトガース大学の科学者らが含まれる国際チームが、広く研究されている高温超伝導体のクラスを作り出し、操作する新しい方法を開発しました。この技術は、以前には得られなかった材料で異常な形態の超伝導を創造する...
1702地球物理及び地球化学

古代の岩石が地震の間の地殻変動の理解を深める(Ancient rocks improve understanding of tectonic activity between earthquakes)

2024-02-01 ペンシルベニア州立大学(PennState) ◆古代の沈み込み帯で埋もれた岩石が、地質学者が主要な地震の間の数年間のこれらの帯の挙動をより正確に予測するのに役立つ可能性があると、ペンシルバニア州立大学とブラウン大学の研...
1700応用理学一般

窒素ドープ炭素材料の曲率を水素貯蔵に活用(Leveraging Curvature on Nitrogen-Doped Carbon Materials for Hydrogen Storage)

2024-02-01 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) ◆炭素ベースの材料(グラフェンなど)は、大規模なエネルギー貯蔵を可能にするための水素貯蔵に有望性があります。グラフェンに窒素などの原子を修飾すると、室温でH2を貯蔵す...
1600情報工学一般

子どもの目と耳で学ぶAI(AI Learns Through the Eyes and Ears of a Child)

2024-02-01 ニューヨーク大学 (NYU) Video frames captured from a child wearing a head-mounted camera. Image courtesy of NYU’s Cent...
1102水質管理

ペットにノミ取り薬を塗った後、飼い主が手を洗うことが英国の河川を汚染している(Pet owners washing their hands after applying flea treatment to pets is polluting UK rivers)

2024-02-01 サセックス大学 ◆サセックス大学とインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者は、ペットの駆虫剤使用者がペットに塗布後28日以上も有毒な農薬(フィプロニルやイミダクロプリド)を手に付着させ、手を洗うことでこれらの農薬が排水...
1700応用理学一般

分子モーターのギアシフト方法(How to shift gears in a molecular motor)

2024-02-01 リンショーピング大学 ◆リンシェーピング大学のBo Durbeej教授率いる研究チームは、太陽光など外部からの光を吸収し、そのエネルギーを運動エネルギーに変換する「人工分子モーター」を開発しました。生物分子モーターの概...
1701物理及び化学

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた銀河遭遇の可能性(Hubble Captures a Suspected Galaxy Encounter)

2024-02-01 NASA This new NASA Hubble Space Telescope image is of the spiral galaxy UGC 3912. NASA, ESA, and C. Kilpatric...
0300航空・宇宙一般

NASA、月の科学に及ぼす電波ノイズの影響を調査へ(NASA to Study Effects of Radio Noise on Lunar Science)

2024-02-01 NASA ◆2024年2月、Intuitive MachinesのIM-1ミッションがNASAのCommercial Lunar Payload Services(CLPS)イニシアティブの一環として月の南極地域に打ち...
1702地球物理及び地球化学

昼夜の温度差の増大は、地球上のすべての生物に影響を与える可能性がある(Increased temperature difference between day and night can affect all life on earth)

2024-02-01 チャルマース工科大学 ◆1961年から2020年までの研究によれば、地球の平均気温上昇は人為的な気候変動の特徴で、昼夜の気温差が広がっている。これは「非対称温暖化」と呼ばれ、最新の調査では逆転傾向が見られた。昼間の温暖...
ad
タイトルとURLをコピーしました