バイキングの謎を解く手がかりとなる干ばつの証拠(Evidence of Drought Provides Clues to a Viking Mystery)

ad
ad
ad
ad

グリーンランドから北欧の入植者が姿を消した原因には、気温の低下ではなく、持続的な乾燥傾向が関与している可能性があると研究者は述べている。 A persistent drying trend, not plunging temperatures, may have played a role in the unexplained disappearance of Norse settlers from Greenland, according to researchers.

2022-08-04 マサチューセッツ大学アマースト校

新しい研究によれば、気温の低下ではなく、干ばつが、すでに脆弱だった地域社会を限界点まで押し上げた可能性があることが判明した。
チームは、グリーンランド南部の北欧人入植地で直接、気温の変動がほとんどないことを発見しました。
東部入植地の農耕地に隣接する578湖から堆積物サンプルを採取し、有機地球化学的手法を適用して、より局所的な気温の復元を行った。湖で見つかったバクテリアの中には、温度に応じて膜脂質を調整するものがあり、年代測定された堆積物コアのこれらの化合物を分析することで、過去の気温を定量的に復元することができたのです。さらに、同じ堆積物コアから植物の葉のワックスを抽出し、成長時の水分レベルを示す水素同位体レベルを分析しました。

<関連情報>

グリーンランド南部における北欧系住民の入植の終焉と同時期の長期的な乾燥傾向 Prolonged drying trend coincident with the demise of Norse settlement in southern Greenland

Boyang ZhaoIsla S. Castañeda,Jeffrey M. Salacup,Elizabeth K. Thomas ,William C. Daniels,Tobias Schneider ,Gregory A. de Wet,Raymond S. Bradley
Science Advances  Published:23 Mar 2022
DOI: 10.1126/sciadv.abm4346

Abstract

Declining temperature has been thought to explain the abandonment of Norse settlements, southern Greenland, in the early 15th century, although limited paleoclimate evidence is available from the inner settlement region itself. Here, we reconstruct the temperature and hydroclimate history from lake sediments at a site adjacent to a former Norse farm. We find no substantial temperature changes during the settlement period but rather that the region experienced a persistent drying trend, which peaked in the 16th century. Drier climate would have notably reduced grass production, which was essential for livestock overwintering, and this drying trend is concurrent with a Norse diet shift. We conclude that increasingly dry conditions played a more important role in undermining the viability of the Eastern Settlement than minor temperature changes.

タイトルとURLをコピーしました