ニオブ酸リチウムチップに初の集積化レーザーを実現(First integrated laser on lithium niobate chip)

ad
ad
ad
ad

高出力通信システムの実現に道を拓く研究 Research paves the way for high-powered telecommunication systems

2022-04-06 ハーバード大学

・長距離通信ネットワーク、データセンターの光インターコネクト、マイクロ波フォトニックシステムはすべて、データ伝送に使用する光キャリアを生成するためにレーザーを使用しています。多くの場合、レーザーは変調器の外部にある独立したデバイスであるため、システム全体が高価になり、安定性や拡張性も低くなっています。
・ハーバード大学ジョン・A・ポールソン工学応用科学大学院(SEAS)の研究者は、フリーダムフォトニクスおよびハイパーライトコーポレーションの業界パートナーと共同で、ニオブ酸リチウムチップ上に高出力レーザーを初めて完全集積化し、高出力通信システム、完全集積分光器、光リモートセンシング、量子ネットワーク用の高効率周波数変換などの応用への道を切り開いた。

<関連情報>

ニオブ酸リチウム薄膜上に集積化した電気励起レーザー発信器 Electrically pumped laser transmitter integrated on thin-film lithium niobate

Amirhassan Shams-Ansari, Dylan Renaud, Rebecca Cheng, Linbo Shao, Lingyan He, Di Zhu, Mengjie Yu, Hannah R. Grant, Leif Johansson, Mian Zhang, and Marko Lončar
Optica https://doi.org/10.1364/OPTICA.448617

Abstract

Integrated thin-film lithium niobate (TFLN) photonics has emerged as a promising platform for the realization of high-performance chip-scale optical systems. Of particular importance are TFLN electro-optic modulators featuring high-linearity, low driving voltage and low propagation loss. However, a fully integrated system requires integration of high power, low noise, and narrow linewidth lasers on TFLN chips. Here we achieve this goal, and demonstrate integrated high-power lasers on TFLN platform with up to 60 mW of optical power in the waveguides. We use this platform to realize a high-power transmitter consisting of an electrically pumped laser integrated with a 50 GHz modulator.

タイトルとURLをコピーしました