分割配送を可能にする「コスト最小型ルート配送最適化アルゴリズム」実用化へ~AIによる配送計画自動化の試行運用を開始

ad
ad

2021-11-01 OKI


ロンコ・ジャパン 配送トラック

OKIは、株式会社ロンコ・ジャパン(代表取締役社長:福西 靖之、本社:大阪府大阪市、以下ロンコ・ジャパン)とともに、AI技術を活用して物流分野におけるルート配送の配送計画を最適化する「コスト最小型ルート配送最適化アルゴリズム」の試行運用を11月1日より開始します。複数車両で荷物を配送する分割配送(注1)に対応したOKI独自のアルゴリズムにより、配送先とその順番、各車両に積載する荷物量を最適化するだけでなく、配送時間の指定および全車両の稼働時間の均等化も実現します。さらに、従来の最適化サービスでは対応が難しかった、経路ごとの有料道路利用判断を含めたコストの最小化にも対応します。

物流の配送計画立案にあたっては、積載量、車両数、配送距離など、多くの要件を考慮する必要があります。たとえば、店舗ごとの納品時刻を遵守した上でドライバーの業務量を均等化するなどの調整は、専門知識や経験のある熟練社員の技量に頼るところが大きいのが実情です。しかしながら、物流のひっ迫が社会課題となる中、配送要件が確定してから出荷開始時間までの短時間での立案を確実に実施するためにも、一握りの社員に依存しない、計算スピードを意識した配送計画の自動化が望まれています。

タイトルとURLをコピーしました