東京ドーム 巨人戦で日本初「8K カメラ×AI 自動編集×マルチアングル映像体験」の技術実証を実施

ad
ad

2021-10-22 株式会社読売巨人軍,株式会社読売新聞東京本社,株式会社 NTT ドコモ

<イメージ画像>

株式会社読売巨人軍(以下、読売巨人軍)、株式会社読売新聞東京本社(以下、読売新聞)、株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、2021 年 10 月 23 日(土)の巨人対東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)において、日本で初めて※1 、「8K カメラ×AI 自動編集×マルチアングル映像体験」の技術実証(以下、本技術実証)を行います。

23 日当日、対象座席※2では、お手持ちのスマートフォンやタブレットで、1、3 塁両方からの投手や打者の様子など、通常見ることができない角度から、選手の息遣いや表情まで感じられる映像を、マルチアングル配信※3 いたします。また、本配信は 5G でもお楽しみいただけます。

本技術実証では、東京ドーム内に複数台設置した 8K カメラを活用し、自動で撮影した映像を AI が即時に編集することで、シーンに応じて選手寄りなどの迫力ある映像を提供します。なお、スマートフォンやタブレットへの映像配信には、NTT コミュニケーションズ株式会社が提供するライブ配信プラットフォームサービス「Smart vLiveTM」を活用します。

読売巨人軍、読売新聞、ドコモの 3 社は、本技術実証を通じて、来シーズン以降の巨人戦におけるジャイアンツファンへの新たな観戦体験を提供するとともに、さまざまなサービスの展開を通じた DX による野球観戦体験の向上を推進してまいります。


<マルチアングル配信システム構成図>

 


<8K 映像からのリアルタイム映像切り出し構成図>

※1 ドコモ調べ。
※2 対象座席は 2 階席特典付 FC 席となります。
※3 一部の端末ではご利用になれない場合がございます。
※ 「Smart vLive」は NTT コミュニケーションズ(株)の商標です。

本件に関する報道期間からのお問い合わせ先
読売巨人軍公式 WEB サイト https://www.giants.jp/
株式会社 NTT ドコモスポーツ&ライブビジネス推進室パートナー協創担当

タイトルとURLをコピーしました