ドイツは量子技術への投資により技術主権確保を目指す

ad
ad
ad

Karliczek: Mit Quantentechnologien zu mehr technologischer Souveranitat

「政策の科学」関連 海外情報(BMBF記事) 元記事公開日: 2021/1/6

量子技術の応用を実現するための重要な基礎技術としての真空装置の実験室設置。

コロナ危機による経済的影響を克服するための経済刺激プログラムの一環として、ドイツ連邦政府はイノベーション国ドイツとして、量子技術への投資を含む、将来パッケージをまとめた。連邦教育研究省(BMBF)のカルリチェク大臣は「我々は、量子技術により、競争相手からの独立性を高め、技術的主権を高めるために、重要な貢献をしている。連邦政府は、今後5年間に亘り、量子技術開発のために、数十億ユーロの資金を提供する予定である。BMBFは、1億2,000万ユーロの資金により、最初のプロジェクトを開始する。量子通信と量子計算の基本的な主要技術に関するプロジェクトにより重点をおいて、経済界と科学界の準備、活性化、ネットワーク化のために緊急に必要とされる体制造りを開始する」と語った。
https://www.bmbf.de/de/karliczek-mit-quantentechnologien-zu-mehr-technologischer-souveraenitaet-13489.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました