ロボット農機や 5G、IOWN 関連技術による 農機の圃場間自動走行と遠隔監視制御を実現

ad
ad
ad
ad

複数ネットワーク最適活用技術による円滑な広域自動走行等を通じた農業の生産性向上に貢献

2020-11-16 北海道大学,岩見沢市,日本電信電話株式会社,東日本電信電話株式会社,株式会社 NTTドコモ

国立大学法人北海道大学(以下、北大)、岩見沢市、日本電信電話株式会社(以下、NTT)、 東日本電信電話株式会社(以下、NTT 東日本)、株式会社 NTT ドコモ(以下、NTTドコモ)は、最先端のロボット農業技術に、第 5 世代移動通信方式(5G)、革新的ネットワーク技術 IOWN※1 を実現する技術の一つである複数ネットワーク最適活用技術や高精度な測位技術等を用いて、農機完全自動走行※2 に向け、通信や映像の途切れを防止する等、安定的で円滑な農機の広域自動走行とその遠隔監視制御を実現しました。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました