EU議長国ドイツが水素に関する欧州共同プロジェクトを立ち上げ

ad
ad

 

ad

Deutsche Ratsprasidentschaft startet gemeinsames europaisches Wasserstoffprojekt

「政策の科学」関連 海外情報(BMWi記事) 元記事公開日: 2020/12/17

ペーター・アルトマイヤー経済エネルギー連邦大臣と、欧州委員会の副委員長であるマルグレーテ・ベスタガー、および欧州委員会のティエリー・ブルトン委員。

12月17日、アルトマイヤー連邦経済大臣は、EU理事会議長国ドイツとして、ハイレベルのオンライン・イベントを開催し、水素に関する「欧州が共に関心を抱く重要計画」(IPCEI)を立ち上げる。22のEU加盟国とノルウェーの代表者たちが、グリーン水素の欧州バリューチェーンの開発を支援し、重要な実現技術に数十億ユーロを投資するマニフェストに署名する。同大臣は、「水素利用は欧州連合(EU)の気候目標を達成するために戦略的に重要な技術であり、産業および運輸セクターにおける炭素排出量を削減するための中心的なツールである。水素技術の欧州共同プロジェクトと共同投資により、欧州を世界一にすることで、競争力を高め、長期的な雇用を確保したい」と述べた。バッテリーセル製造とマイクロエレクトロニクスの分野では、IPCEIはすでに開始されている。
https://www.bmwi.de/Redaktion/EN/Pressemitteilungen/2020/12/20201217-german-council-presidency-launches-joint-european-hydrogen-project.html

タイトルとURLをコピーしました