活火山を含む吾妻山地域の成り立ちを解明して地質図に

ad
ad

福島・山形県境部の5万分の1地質図幅を刊行

2018/09/07 国立研究開発法人 産業技術総合研究所

ポイント

  • 気象庁の常時観測火山である吾妻火山を含む地域の地質図を完成
  • 吾妻山地域では、約1,000万年前から大規模な火山活動を繰り返していたことを解明
  • 観光産業、防災・減災の基礎資料として地域での活用に期待

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)地質調査総合センター 活断層・火山研究部門【研究部門長 桑原 保人】、地質情報研究部門【研究部門長 田中 裕一郎】は、福島・山形県境の吾妻山地域(国土地理院の5万分の1地形図と対応した範囲の名称)での地質調査の結果をまとめた5万分の1地質図幅「吾妻山地域の地質」(著者:古川 竜太・中野 俊・高橋 浩・山元 孝広)を完成させ、2018年8月31日に刊行し、9月18日ごろから委託販売を開始する。

奥羽山脈の吾妻山地域は福島県北部から山形県南部に位置し、気象庁の常時観測火山である吾妻火山(吾妻山地域の南東部からさらに東にかけて分布する複数の火山噴出物から成る)を含む。地質図は植生や土壌を剥ぎ取った下の地層・岩石の様子を表した地図のことで、資源開発や防災、土木・建設など、幅広い分野で基礎資料として利用される国土の基本情報である。今回の5万分の1地質図幅の刊行により、吾妻火山の火山噴出物の時空間分布が初めて詳細に図示されるとともに、奥羽山脈の地質の成り立ちを知る上で貴重な資料となる。今後、観光産業や防災・減災の基礎となる重要な資料として、また、地元住民の地域に対する理解促進のための資料としての利活用が見込まれる。

概要図

5万分の1地質図幅 吾妻山

研究の社会的背景

地質図は植生や土壌を剥ぎ取った下の地層・岩石の様子を表した地図のことで、資源開発や防災、土木・建設など、幅広い分野で基礎資料として利用される国土の基本情報である。また、日本列島の成り立ちや歴史を探る学術資料としても重要で、自然景観のできた理由が地質にあることも多く、このような情報を基に観光産業へと利用される場合もある。5万分の1地質図幅は日本列島を約1,300の地域に分割して地域ごとに地質調査を実施し、その調査結果をまとめたもので、非常に詳細な地質情報が記載されている。

研究の経緯

地質調査総合センターでは、福島・山形両県で二本松地域、玉庭地域、喜多方地域と周辺の地質調査を実施し、5万分の1地質図幅を逐次刊行してきた。吾妻山地域もこれを継続する形で調査対象となっている(図1には磐梯山山頂部から望む吾妻山の写真を示す)。特に吾妻山地域には気象庁の常時観測火山である吾妻火山が含まれるが、これまで火山全体の地質を対象とした学術的研究はなかった。この火山では1893年の水蒸気噴火時に地質調査所(現産総研 地質調査総合センター)の職員2名が観測中に殉職するなど、活発な火山活動が繰り返されてきている。そこで、産総研 地質調査総合センターは吾妻山地域の地質調査を実施し、5万分の1地質図幅「吾妻山地域の地質」を刊行するに至った。

図1

図1 磐梯山山頂部から望む吾妻山

研究の内容

吾妻山地域と周辺地域の地表踏査を行い、堆積物の分布や種類を調べ、採取した岩石の化学分析・年代測定を行った。吾妻山地域に分布する主な地質構成物は、変成岩・深成岩類からなる基盤岩、1,600~1,000万年前の地層、1,000~500万年前の陥没カルデラ、120万年前以降の吾妻火山噴出物である(図2)。地質調査からは、以下の特筆すべき成果が得られた。

奥羽山脈として吾妻山地域が隆起を始めたのは、約1,000万年前である。これ以前のこの地域は日本海の一部で、山脈は存在しなかった。隆起運動は大規模火砕流の噴出と陥没カルデラの形成を伴い、その活動は約500万年前まで継続した。これによって、吾妻山地域内には少なくとも4つの大きな陥没カルデラ[大峠(おおとうげ)カルデラ、板谷(いたや)カルデラ、木地小屋(きじごや)カルデラ、横向(よこむき)カルデラ]が形成された(図2)。

図2

図2 吾妻山地域及び周辺の地質概略図

タイトルとURLをコピーしました