平成30年(2018年)霧島山(新燃岳)の噴火に関する対応

ad
ad
だいち2号のSAR強度画像に基づく地形変化

2018/03/09  国土地理院

だいち2号のSARデータを使用した解析により、3月1日以降に噴火が発生した霧島山(新燃岳)の火山活動に伴う地形変化を以下のとおり明らかにしました。(平成30年3月9日0:11観測時点)

  • 新燃岳火口内で新たな溶岩によると考えられる円形の明瞭な地形変化を検出しました。なお、この地形変化領域の直径は約650mです。
  • 溶岩によると考えられる急激な地形変化は、少なくとも3月5日正午以降に生じたことを確認しました。
  • 地形変化領域は火口縁の中で標高が低い北西の火口縁に達しつつあります。
  • 3月7日13:00頃に比べ3月9日0:11頃では地形変化領域が拡大しています。
観測年月日
時刻
衛星進行方向
電波照射方向
入射角
地形変化領域の
直径
公表日画像
 12017年10月31日
23:30頃(噴火前)
北行

48
—-2018年3月 7日SAR強度画像
22018年 3月 5日
12:18頃
南行

36°
—-2018年3月 9日SAR強度画像
32018年 3月 6日
23:30頃
北行

48°
約450m2018年3月 7日SAR強度画像
42018年 3月 7日
13:00頃
南行

46°
約550m2018年3月 7日SAR強度画像
52018年3月 9日
0:11頃
北行

33°
約650m2018年3月 9日SAR強度画像

1.噴火開始後の地形変化  ※画像をクリックすると地理院地図が表示されます。
     
図1:2017年10月31日23:30頃のSAR強度画像             図2:2018年3月5日12:18頃のSAR強度画像

タイトルとURLをコピーしました