日本大学

1801細胞遺伝子工学

患者自身の脂肪細胞から作られる「DFAT細胞」を用いて世界初の血管再生医療の臨床研究を開始

患者自身の脂肪細胞を培養して作製した「DFAT(ディーファット)細胞」を移植する血管再生医療の開始に向け準備を進めてきた。日本大学医学部附属板橋病院にてDFAT細胞を用いた世界初の血管再生医療の臨床研究を開始する。
0902鋼構造及びコンクリート

ベストフロアーシステムCN工法 (CB-100033-VE)

打設コンクリート硬化前に改良型真空脱水工法を施す技術で、余剰水を効率良く除去する事で、床コンクリート表層部の各諸性能が向上し、後の保全工事も大きく低減できる技術。株式会社建和 、株式会社明光建商、三重大学、日本大学
1701物理及び化学

フェリ磁性体における磁壁移動に対するスピン移行トルク効果を解明

反強磁性的な磁化結合をもつフェリ磁性体の磁壁に対して、電流と磁化の相互作用であるスピン移行トルクが与える効果を実験および理論の両面から解明した。
1801細胞遺伝子工学

キクタニギクのゲノムを解読、開花に関わる遺伝子探索へ

キクタニギクのゲノム解析を行い、開花に関わる遺伝子の探索と栽培ギクのゲノム配列変異の検出などを行った。今回、全ゲノムの89%にあたる2.72Gbの配列を解読しました。解読した配列から推定された遺伝子数は71,057。
1701物理及び化学

フェリ磁性体においてスキルミオンホール効果消失を実証

フェリ磁性合金ガドリニウム・鉄・コバルト(GdFeCo)と非磁性重金属プラチナ(Pt)から成る二層膜を用いて、スキルミオンホール効果がフェリ磁性体の角運動量補償温度において消失することを実証した。
1701物理及び化学

渦を巻いて飛行する「光子渦」の量子状態を調べる手法を提案

通常の光子とは異なる、渦を巻いて飛行する「光子渦」が持つ角運動量の大きさ、節の数などの量子状態を、コンプトン散乱で測定可能であることを、相対論的量子力学理論を用いて示した。
0901土質及び基礎

GTフレーム工法

ジオシンセティックスを利用した新しい吹付のり枠工である。イビデングリーンテック株式会社、 日本大学理工学部社会交通工学科
タイトルとURLをコピーしました