2000原子力放射線一般

「燃料研究棟」作業員の汚染、被ばく事故に関する報告書 2000原子力放射線一般

「燃料研究棟」作業員の汚染、被ばく事故に関する報告書

平成29年12月27日国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 茨城県知事からの要請「日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター「燃料研究棟」における作業員の汚染、被ばく事故について(原対第78号)に関する報告書の提出について 標記の件につい...
記事解説:「プルトニウム貯蔵は不適当 原子力委、研究炉で指摘」他 2000原子力放射線一般

記事解説:「プルトニウム貯蔵は不適当 原子力委、研究炉で指摘」他

平成29年12月27日 日本原子力研究開発機構 件名:「プルトニウム貯蔵は不適当 原子力委、研究炉で指摘」 平成29年12月26日(火)共同通信社配信 件名:「「MOX燃料貯蔵は不適当」原子力機構研究炉 原子力委が指摘」 平成29年12月2...
放射能測定法シリーズNo.17連続モニタによる環境γ線測定法の改訂のお知らせ 2000原子力放射線一般

放射能測定法シリーズNo.17連続モニタによる環境γ線測定法の改訂のお知らせ

原子力規制庁は、環境放射線モニタリング技術検討チーム等における技術的な検討結果を踏まえ、放射能測定シリーズNo.17連続モニタによる環境γ線測定法の改訂を行いました。 放射能測定法シリーズ一覧 放射線モニタリング情報 (放射能測定法シリーズ...
除染・解体事業とインフラ整備事業の一体的かつ効率的な施工の実施について 2000原子力放射線一般

除染・解体事業とインフラ整備事業の一体的かつ効率的な施工の実施について

平成29年12月25日 環境省は、特定復興再生拠点区域においてインフラ整備の事業主体と協力して、除染・解体を進めていきます。その第1弾として、福島県と協力して、双葉町シンボル軸(道路整備)において、除染・解体とインフラ整備の一体的かつ効率的...
塩野義製薬(株)から放射性同位元素の所在不明について報告を受理 2000原子力放射線一般

塩野義製薬(株)から放射性同位元素の所在不明について報告を受理

平成29年12月21日 原子力規制委員会  原子力規制委員会は、平成29年12月21日、塩野義製薬株式会社における放射性同位元素の所在不明について、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に基づく報告を受けました。 1.塩野義製薬...
被覆材が混ざった核燃料は水に溶けにくくなる 2000原子力放射線一般

被覆材が混ざった核燃料は水に溶けにくくなる

〜燃料デブリの炉内安定性に係る新たな知見〜 平成29年12月22日 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
樹木の放射性セシウム汚染を低減させる技術の開発へ 2000原子力放射線一般

樹木の放射性セシウム汚染を低減させる技術の開発へ

―樹木施肥によるセシウム吸収抑制を確認― 2017年12月21日  国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 ポイント カリウム施肥によって樹木への放射性セシウムの吸収を抑制できることを福島原発事故後に植えたヒノキの苗木で実証し...
新たなミュー粒子生成法へ向け原理実証 2000原子力放射線一般

新たなミュー粒子生成法へ向け原理実証

高レベル放射性廃棄物低減・資源化の鍵 平成29年12月12日 京都大学 科学技術振興機構(JST) 内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当) 森 義治 京都大学 原子炉実験所 特任教授、石 禎浩 准教授らのグループは、半減期の長い核...
アニュアルレポート 「原子力機構2017」 2000原子力放射線一般

アニュアルレポート 「原子力機構2017」

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)の活動を総合的に報告する媒体として、以下の編集方針に基づきアニュアルレポート「原子力機構2017」を作成しました。なお、本レポートは2016年度(2016年4月~2017年...
核分裂における原子核のさまざまな“ちぎれ方 2000原子力放射線一般

核分裂における原子核のさまざまな“ちぎれ方

核分裂における原子核のさまざまな“ちぎれ方”を捉える -放射性物質の毒性低減に貢献- 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(理事長 児玉敏雄、以下「原子力機構」という。)先端基礎研究センターの廣瀬 健太郎 研究副主幹及び西尾 勝久 マネー...
ad
タイトルとURLをコピーしました