1504数理・情報

1504数理・情報

実世界のデータから高次の現象を検出するツール(A tool to detect higher-order phenomena in real-world data)

EPFLの研究者は、神経科学、経済学、疫学などのデータから、複数の変数間の相互作用を初めて明らかにし、解釈することを可能にするネットワーク分析の新しいアプローチを開発しました。 EPFL researchers have develope...
1504数理・情報

AIがより効果的な人道支援活動を可能にする(AI enables more effective humanitarian action)

2022-12-12 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)  EPFLとETH Zurichの研究者は、赤十字国際委員会(ICRC)およびハマド・ビン・ハリファ大学(カタール)と共同で、比類ない精度で人口密度の推定値を生成できるプロ...
1504数理・情報

バイキング結び目と量子渦をつなぐ特異な保護構造(A peculiar protected structure links Viking knots with quantum vortices)

数理解析により、崩壊しにくい渦構造を発見 Mathematical analysis identifies a vortex structure that is impervious to decay 2022-12-12 フィンランド...
ad
1504数理・情報

複雑さの中にシンプルさを見いだす(Finding Simplicity Within Complexity)

UHのエンジニアが、行動予測と天気予報の改善を可能にする方法を開発 UH Engineer Develops Method That Can Predict Behavior, Improve Weather Forecasting 2...
1504数理・情報

計測データの量や質に対するベイズ推定のスケーリング則を解明~複雑現象の計測と数理モデリングをつなぐ新たな指針に~

2022-12-07 九州大学,東京大学 発表のポイント ◆ 複雑現象の理解には所与の計測データを過不足なく表す関数や方程式(数理モデル)が有用 ◆ データの質や量に応じて最良の数理モデルを選択するベイズ推定のスケーリング則を解明 ...
1504数理・情報

液晶中に生じるトポロジカルな「ひも」の3次元的な動きを捉えることに成功 ~トポロジーが結ぶ分野横断的なメカニズムの提案へ~

2022-10-05 東京大学 図司 陽平(理学専攻 博士課程2年) 竹内 一将(物理学専攻 准教授) 発表のポイント 液晶中のトポロジカルな「ひも」である線欠陥の3次元運動を、欠陥の直接蛍光イメージングにより初めて観測...
1504数理・情報

折り紙が広がる謎を解明するために、研究者たちは優雅な方程式を展開した(Researchers unfolded elegant equations to explain the enigma of expanding origami)

2022-08-23 ジョージア工科大学 Researchers unfolded elegant equations to explain the enigma of expanding origami 伸ばしたり、押したり、...
1504数理・情報

火星の気象を研究するためには正確なデータが必要 – VTTの解析で測定結果の精度が大幅に向上(Accurate data is needed as researchers study weather on Mars – VTT’s analysis significantly improved accuracy of measurement results)

2022-08-09 フィンランド技術研究センター(VTT) mage:NASA/JPL-Caltech VTT の研究者は、NASA の火星ミッションで収集されたデータを、数学を使用してより正確にすることに成功しました。 V...
1504数理・情報

AIは独自の「基礎」物理学を発見し、科学者たちは困惑している(AI Is Discovering Its Own ‘Fundamental’ Physics And Scientists Are Baffled)

AIは、溶岩ランプや膨張式エアダンサーの動画を観察し、科学者がまだ理解していない数十の物理変数を特定しました。 AI observed videos of lava lamps and inflatable air dancers and...
1504数理・情報

曲面で起こる新しいパターン伝播機構~曲率がパターンを動かすことを発見~

2022-06-03 東京大学 発表者 西出 亮介(東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 博士課程2年) 石原 秀至(東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 准教授/東京大学 生物普遍性連携研究機構 准教授) 発表のポ...
1504数理・情報

多変数データを用いた非線形因果探索技術の開発~科学的発見やビジネス課題解決に期待~

2022-04-26 理化学研究所 理化学研究所(理研)革新知能統合研究センター目的指向基盤技術研究グループ因果推論チームの清水昌平チームリーダー、理研AIP-富士通連携センター (研究当時)の上村健人客員研究員(研究当時)らの共同研...
1504数理・情報

涙が出ないブラッシング?必要なのは数学だけ(Tear-free brushing? All you need is math)

繊維製造やロボット美容師への応用が期待される「ほぐし」を数学的に理解する研究成果を発表 Researchers develop a mathematical understanding of detangling that could b...
ad
タイトルとURLをコピーしました