1504数理・情報

1504数理・情報

文化やビジネス慣習によって異なる公平性を設計段階から考慮するAI開発手法Fairness by Designを開発

設計段階から公平性を考慮できるAIの開発手法 Fairness by Design(フェアネス・バイ・デザイン)を開発した。
1504数理・情報

形を変えながら動く3次元物体の解析手法の提唱~動くから形が変わるのか、形を変えることで動くのか~

変形しながら移動する3次元物体の、軌道と形とを経時的に計測し、形の変化と速度や軌道の変化との相互関係を解析するためのコンピュータソフトウェアを開発し発表した。
1504数理・情報

深層学習によるデータ固有のフラクタル構造などへの適応を証明

深層学習による予測誤差の大きさを数学的に解析した。深層学習がデータの中に隠れているフラクタルなどの低次元構造に適応し、その次元の大きさに応じて誤差を減少させられることを数学的に証明した。
1504数理・情報

新型コロナウイルス関連の不満アンケートデータを研究用データセットとして提供開始

Insight Techが運営する「不満買取センター」上で実施した、新型コロナウイルスについてのアンケート5回分、延べ16,043件を収録したデータ。アンケートは時期を変えて、2020年3月〜6月の間に4回、および、2021年1月に追加で1回実施されたも。特定の個人につながる情報は提供する研究用データセットには含まれない。
1504数理・情報

大腸菌は賢く匂いを嗅ぐ~大腸菌は環境の匂い分子を最適に探知するシステムを持っている~

最適化理論の一種である最適フィルター理論を用いることで、大腸菌の匂い探知システムが物理的・情報理論的に最適な感知を実現するために必要な構造を有することを初めて示した。また理論により予測されるフィードバック制御関数形状が、実験計測とほぼ一致することを見出した。
1504数理・情報

量子コンピュータを用いたべき乗法~量子多体問題に対する新しい量子アルゴリズムを提案~

行列のべき乗を量子コンピュータ[2]上で計算する効率的な量子アルゴリズムを提案した。量子コンピュータを用いて量子多体問題を数値的に解くための有用な量子アルゴリズムになると期待。
1504数理・情報

ネットワーク上の情報の流れをダイアグラムで表現する新理論を開発!

2021-02-09 九州大学 九州大学数理・データサイエンス教育研究センター/芸術工学研究院の森史助教と理化学研究所(理研)数理創造プログラムの岡田崇上級研究員の研究チームは、ブーリアンネットワーク上の情報の流れをダイアグラムに基づ...
1504数理・情報

多くのブランドが多くの手段を駆使する複雑な市場競争を理解する

2021-02-04 明治大学 本研究成果のポイント ○ マクロ経済分析で成果を上げている経済物理学をマーケティングに応用 ○ 多数の時系列データから先行-遅行の基本パタンを抽出する手法 ○ 実データの分析から、分析者が想定しな...
1504数理・情報

米国:EPAが重要な規制措置と影響力のある科学情報の透明性を強化する規則を最終決定

EPA Finalizes Rule Strengthening Transparency in Pivotal Science Underlying Significant Regulatory Actions and Influenti...
1504数理・情報

宇宙を飛び交うニュートリノの動きを明らかに~世界初の6次元シミュレーションに成功~

2020-12-03 京都大学 田中賢 基礎物理学研究所特定研究員、吉川 耕司 筑波大学講師、吉田直紀 東京大学主任研究者・教授、斎藤俊 ミズーリ州立ミズーリ工科大学助教授の研究グループは、筑波大学と東京大学が新たに開発したブラソフ方...
ad
タイトルとURLをコピーしました