1504数理・情報

1504数理・情報

カーボンニュートラルに向けた地域政策のシミュレーション方法を開発

地域経済や二酸化炭素排出量などの複数の指標を予測・評価できるシミュレータ(シミュレーションを行うための計算ツール)を開発した。
1504数理・情報

計測誤差があるセンサーを使っても安全に動くように 制御ソフトウェアを自動で変換する手法を開発

自動運転をはじめとした外部環境とやり取りするさまざまな制御システムのセンサーに計測誤差があっても、安全に動くように制御ソフトウェアのモデルを自動で変換する手法を開発した。
1504数理・情報

新型コロナウィルス感染拡大に伴うライフスタイルの変化は日本の家庭のカーボンフットプリントをどのように変化させたのか

新型コロナウィルス感染拡大初期に発生した家庭部門消費行動の急激な変化に注目し、人々が消費した製品やサービスが生産される過程で発生した二酸化炭素排出量(カーボンフットプリント)について研究した。
1504数理・情報

新型コロナウィルス感染者数急増の予兆を検知するための数理データ解析手法

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染者数の急増を、実際に急増する前の予兆の段階で、観測された感染者数の時系列データから検知する数理データ解析手法を構築し、日本、アメリカ、ヨーロッパ、中国、韓国などの実データを用いて、予兆が検知出来ることを実証した。
1504数理・情報

汎化能力を最大化する特徴抽出~信頼性・説明可能性の高いデータ予測~

将来の入力を予測するために最も有益な成分を抽出する教師なし学習手法を予測誤差最小化の観点から数理的に導き、「PredPCA(予測主成分分析)」と名付けた。
1504数理・情報

文化やビジネス慣習によって異なる公平性を設計段階から考慮するAI開発手法Fairness by Designを開発

設計段階から公平性を考慮できるAIの開発手法 Fairness by Design(フェアネス・バイ・デザイン)を開発した。
1504数理・情報

形を変えながら動く3次元物体の解析手法の提唱~動くから形が変わるのか、形を変えることで動くのか~

変形しながら移動する3次元物体の、軌道と形とを経時的に計測し、形の変化と速度や軌道の変化との相互関係を解析するためのコンピュータソフトウェアを開発し発表した。
1504数理・情報

深層学習によるデータ固有のフラクタル構造などへの適応を証明

深層学習による予測誤差の大きさを数学的に解析した。深層学習がデータの中に隠れているフラクタルなどの低次元構造に適応し、その次元の大きさに応じて誤差を減少させられることを数学的に証明した。
1504数理・情報

新型コロナウイルス関連の不満アンケートデータを研究用データセットとして提供開始

Insight Techが運営する「不満買取センター」上で実施した、新型コロナウイルスについてのアンケート5回分、延べ16,043件を収録したデータ。アンケートは時期を変えて、2020年3月〜6月の間に4回、および、2021年1月に追加で1回実施されたも。特定の個人につながる情報は提供する研究用データセットには含まれない。
1504数理・情報

大腸菌は賢く匂いを嗅ぐ~大腸菌は環境の匂い分子を最適に探知するシステムを持っている~

最適化理論の一種である最適フィルター理論を用いることで、大腸菌の匂い探知システムが物理的・情報理論的に最適な感知を実現するために必要な構造を有することを初めて示した。また理論により予測されるフィードバック制御関数形状が、実験計測とほぼ一致することを見出した。
ad
タイトルとURLをコピーしました