1504数理・情報

1504数理・情報

米国:EPAが重要な規制措置と影響力のある科学情報の透明性を強化する規則を最終決定

EPA Finalizes Rule Strengthening Transparency in Pivotal Science Underlying Significant Regulatory Actions and Influenti...
1504数理・情報

宇宙を飛び交うニュートリノの動きを明らかに~世界初の6次元シミュレーションに成功~

2020-12-03 京都大学 田中賢 基礎物理学研究所特定研究員、吉川 耕司 筑波大学講師、吉田直紀 東京大学主任研究者・教授、斎藤俊 ミズーリ州立ミズーリ工科大学助教授の研究グループは、筑波大学と東京大学が新たに開発したブラソフ方...
1504数理・情報

知識結合に基づく新規性評価に関する研究[DISCUSSION PAPER No.190]の公表について

2020-11-06 (金) 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、研究に関する評価指標開発を目的とし、知識源の新結合に着目した、引用文献の組合せ(類似度)により測定される新規性指標の提案を試みました。併せて、日本の機関に所属...
1504数理・情報

制約想定を必要としない新しい最適性必要条件の導出

すべての最適解が満たす方程式の新しい導出方法を提案 2020-11-09 京都大学 庵智幸 情報学研究科博士課程学生、大塚敏之 同教授の研究グループは、多項式で表されるような制約付き非線形最適化問題に対し、その全ての最適解が満たすよ...
1504数理・情報

時間結晶が可能にする、量子の世界の複雑なネットワーク構造を発見

量子コンピュータ上で動く新しいシミュレーションの可能性 2020-10-17 国立情報学研究所  国立情報学研究所、日本電信電話会社(以下NTT)、東京理科大学、大阪大学、JFLI(Japan-France Laboratory of ...
1504数理・情報

Withコロナ時代の個人と社会の在り方を捉える性格特性尺度を創出

東洋的自己の哲学に基づくコロナ禍における「わたし」と「われわれ」の関係性の探究 2020-10-15 京都大学 出口康夫 文学研究科教授は、日本電信電話株式会社(NTT)と共同で、withコロナ時代において人々が感じる孤独感・疎外感...
1504数理・情報

非局所相関の伝搬の観測とエネルギー保存則の検証に成功

冷却原子を用いた量子多体ダイナミクスの量子シミュレーション 2020-10-09 京都大学 高橋義朗 理学研究科教授、高須洋介 同准教授、段下一平 近畿大学准教授、後藤慎平 同研究員、長尾一馬 独国・ハンブルグ大学研究員の研究グルー...
1504数理・情報

新型コロナウイルス感染症禍での緊急事態宣言にはやはり外出抑制効果があった

感染リスクとスティグマを考慮した理論分析と実証分析で明らかに 2020-09-24 総合地球環境学研究所 新型コロナウイルス感染症のパンデミック化に伴い、世界各国でさまざまなレベルの外出規制が実施されました。日本では法的拘束力の...
1504数理・情報

オートリザバー計算:新しいAI予測理論の構築

2020-09-11 東京大学 1. 発表者: Pei Chen (華南理工大学 研究員) 劉   鋭(華南理工大学 教授) 合原 一幸(東京大学 特別教授・名誉教授/東京大学国際高等研究所ニューロインテリジ...
1504数理・情報

意思決定支援システムが示す選択肢の正しさと計算スピードを両立する手法を開発

工業製品の品質確認、自動運転、マーケット投資などの戦略の高速計算への道を拓く 2020-07-13 国立情報学研究所,科学技術振興機構 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田...
ad
タイトルとURLをコピーしました