NASAの小型赤外線カメラが新しい科学を可能にする(NASA’s Compact Infrared Cameras Enable New Science)

ad

2024-05-22 NASA

a hand holding a silicon chip in front of a cameraGoddard engineer Murzy Jhabvala holds the heart of his Compact Thermal Imager camera technology – a high-resolution, high-spectral range infrared sensor suitable for small satellites and missions to other solar-system objects.

NASAのゴダード宇宙飛行センターで開発された高解像度赤外線カメラは、地球や他の惑星の大気や表面を探るために使われます。このカメラは軽量フィルターを備え、コンパクトで適応性が高く、様々な科学分野に適しています。ガンマ放射を利用して従来のレンズシステムの質量を削減し、赤外線検出のための冷却を効率化します。この技術は、森林火災の警報を改善し、分子組成の詳細な解析を可能にします。NASAの支援を受けたこの技術は、火災監視や汚染監視にも応用され、今後のミッションにも役立つと期待されています。

<関連情報>

ad
0400電気電子一般
ad
ad


Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました