国際原子力機関(IAEA)による海洋モニタリングに関する報告書の公開

ad

2023-12-12 水産庁

今般、IAEAは令和4年11月に実施した分析機関間比較の結果を公表しましたのでお知らせします。この分析機関間比較にはフィンランド、韓国の分析機関も参加しました。
なお、令和4年から実施されているALPS処理水に係る海域モニタリングの裏付けを目的とした分析機関間比較の報告書については、IAEAから別途公表される予定です。

1.概要

国際原子力機関(IAEA)では、日本政府の要請に基づき、我が国の海域モニタリングデータの信頼性、透明性の確保について日本政府を支援するため、平成26年から分析機関間比較(*ILC:Interlaboratory Comparison)を実施しており、水産庁は平成27年度から水産物の試料採取等を担当しています。
今般、IAEAは、令和4年11月に実施した分析機関間比較の結果を公表しました。本報告書において、IAEAは、前回の報告に引き続き、海洋試料中の放射性核種の分析に参加した日本の分析機関の試料採取方法は適切であり、かつ、参加した日本の分析機関が高い正確性と能力を有しているとしています。
*ILC
放射能を分析する機関が、試料の採取から分析までの過程において同一の試料を用いて放射能の測定及び分析結果の比較を行い、放射能測定方法の適切さを確認するもの。

2.報告書の公表

報告書(原文)は以下のURLにて入手可能です。また、報告書の概要の仮訳は以下の添付資料をご覧下さい。
https://www.iaea.org/sites/default/files/23/12/12_japan_ilc_2022_report.pdf(PDF : 819KB)
<添付資料>
2022年分の報告書概要(仮訳)(PDF : 172KB)

3.その他

IAEAが作成したILCの紹介動画は下記URLから閲覧することができます。
https://www.iaea.org/newscenter/multimedia/videos/the-fukushima-data-checkers-monitoring-the-monitors
(参考)
令和4年11月7日付けプレスリリース「国際原子力機関(IAEA)との共同事業の一環として実施する水産物採取について」
https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kenkyu/221107.html

お問合せ先

増殖推進部研究指導課
担当者:中山、髙野、中村

2000原子力放射線一般
ad
ad
Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました