経済効率の高い炭素削減に向けて:プラスチックサプライチェーンのグリーン化~バイオ材とリサイクル材の適所活用とより効果的なプラスチックリサイクル~

ad
ad

2023-09-11 九州大学

ポイント

  • 日本におけるプラスチックリサイクルの70%以上がサーマルリサイクルによるという課題
  • 化学業界におけるLCIA(※1)を考慮したバージン材の代替品選択決定ツールの開発
  • CO2削減と生産者・消費者のニーズの両立を可能にし、プラスチックサプライチェーンのグリーン化を図る

概要
 九州大学のアンドリューチャップマン准教授(I2CNER:カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所)とSotas株式会社は共同研究にて、既存の炭素削減政策に代わる競争力のある選択肢として、日本のケミカルサプライチェーンのグリーン化の提案を行いました。
本研究では、コスト・炭素削減のポテンシャル、品質、リサイクル性などの複数の基準を用いて、リサイクルプラスチックやバイオプラスチックへのシフトによる炭素削減コストの調査を行いました。その結果、品質に関するメーカーや消費者のニーズや認識が重要であること、また、評価基準の重み付けによって異なる結果が得られることが明らかになりました。
日本では、回収されたプラスチックの70%以上がサーマルリサイクル(熱回収)されており、その多くは商品の過剰包装に由来しています。こういった現状から、増え続ける二酸化炭素排出原の削減余地があります。さらに、一部の消費者は環境効果の高い製品に対して、割高な対価を支払う意思があることが分かり、慎重に政策を見直すことで、消費者のニーズを満たすと同時に、プラスチックメーカーはカーボンニュートラルを含む国家目標の達成に貢献することが可能となることを示唆しています。
本研究成果は国際誌「Sustainability」に2023年9月4日に掲載されました。

Sotas株式会社本社にて合同研究を行う様子

コスト、CO2排出量、品質、リサイクル性を考慮したバージンプラスチック、リサイクルプラスチック、バイオプラスチックの多基準評価

研究者からひとこと
Andrew Chapman…日本におけるプラスチックリサイクルの現状と、バージン材と比較した際にリサイクル材とバイオ材がなぜ活用されてこなかったのかに疑問を呈し、その障壁を明らかにした上で、バージン材の代替品選択決定ツールの開発を、Sotasシステムを活用して行えないかという所から本研究を開始。今後更なる研究を重ね、より実用の場を拡大するものとする。

用語解説
(※1) LCIA…ライフサイクルインベントリ分析の結果を用いて、潜在的な環境影響の重要性を評価することをいいます。

論文情報
掲載誌:Sustainability
タイトル:Toward Economically Efficient Carbon Reduction: Contrasting Greening Plastic Supply Chains with Alternative Energy Policy Approaches
著者名:Yuuki Yoshimoto, Koki Kishimoto, Kanchan Kumar Sen, Takako Mochida, Andrew Chapman*
DOI:10.3390/su151713229

研究に関するお問い合わせ先
カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER) Andrew Chapman 准教授

タイトルとURLをコピーしました