2022-10-05

0109ロボット

四足歩行ロボットの野生復帰を支援する新しいアルゴリズム(New Algorithms Help Four-Legged Robots Run in the Wild)

2022-10-04 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD) カリフォルニア大学サンディエゴ校を中心とする研究チームは、4足歩行ロボットが静止・移動する障害物を回避しながら困難な地形を歩行・走行するための新しいアルゴリズムシステムを...
0501セラミックス及び無機化学製品

無機ナノチューブの簡便な単層合成法を開発〜高効率な太陽電池や高活性な触媒などの開発への貢献が期待〜

2022-10-05 東京大学 1.概要 東京都立大学大学院理学研究科物理学専攻の古澤慎平(大学院生)、中西勇介助教、蓬田陽平助教、田中拓光(学部生)、柳和宏教授、宮田耕充准教授、産業技術総合研究所ナノ材料研究部門の佐藤雄太主任...
1504数理・情報

液晶中に生じるトポロジカルな「ひも」の3次元的な動きを捉えることに成功 ~トポロジーが結ぶ分野横断的なメカニズムの提案へ~

2022-10-05 東京大学 図司 陽平(理学専攻 博士課程2年) 竹内 一将(物理学専攻 准教授) 発表のポイント 液晶中のトポロジカルな「ひも」である線欠陥の3次元運動を、欠陥の直接蛍光イメージングにより初めて観測...
1500経営工学一般

日本の2050年カーボンニュートラル実現に向けたシナリオ分析~数理モデルを用いてバックキャストにより日本の脱炭素化をシミュレーション~

2022-10-05 産業技術総合研究所 ポイント 日本が2050年カーボンニュートラルを実現するためのシナリオを提示 エネルギー起源CO2排出を全体としてゼロにするためには、ゼロエミッション電源とネガティブエミッション技...
1702地球物理及び地球化学

恐竜を殺す小惑星が地球規模の津波を引き起こし、衝突地点から数千マイル離れた海底が洗われた。(Dinosaur-killing asteroid triggered global tsunami that scoured seafloor thousands of miles from impact site)

2022-10-04 ミシガン大学 600万年前に地球に衝突した幅数マイルの小惑星は、ほぼすべての恐竜と地球上の植物と動物の種のおよそ4分の3を絶滅させた。 新しい研究によると、この小惑星はまた、メキシコのユカタン半島の衝突地点から何千...
1300森林一般

パデュー大学の研究チームが森林の自動マッピング技術の進歩を紹介(Purdue team introduces advance in automatic forest mapping technology)

2022-10-04 パデュー大学 リモートセンシング誌にマッピング手法の詳細を発表した。この方法は、数本の木のマッピングから、一度に数百エーカーのマッピングまで、迅速かつ高精度で行えることを意味する。また、森林のデジタルツインの作成にも...
1700応用理学一般

オプティカルマジック:拡張現実ゴーグルに最適な視覚品質を実現する新型平面ガラスを開発(Optical Magic: New Flat Glass Enables Optimal Visual Quality for Augmented Reality Goggles)

コロンビアの技術者たちは、選んだ色の光だけを集める平らなレンズを発明した。このレンズは、正しい波長の光を当てるまではまったく透明に見え、ガラスがレンズに変化する。 Columbia engineers invent a flat lens...
1701物理及び化学

宇宙で笑うガスは生命を意味するかもしれない(Laughing gas in space could mean life)

太陽系外惑星ハンターはN2Oの有無を確認すべき Exoplanet hunters should check for N2O 2022-10-04 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR) 惑星の大気中に含まれる化学物質で、生命を示...
1902環境測定

地下水の汲み上げ、汚染物質を含んだ若い地下水が新たな深さまで汲み上げられる可能性。(Slurping Up Groundwater:Researchers find that pumping draws young groundwater to new depths, potentially with contaminants in tow)

2022-10-04 カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB) カリフォルニア大学サンタバーバラ校の科学者たちは、揚水量の多い帯水層システムでは比較的若い地下水がより深い深さに到達する傾向があり、地表の汚染物質を一緒に運んでくる可能...
1902環境測定

新しいアプローチで天然ガス排出源の特定を改善(New approach improves identification of natural-gas emitters)

地球メタン宣言を達成するための鍵となる、より良い発生源の特定を可能にする複数の観測形態。 Multiple forms of observation allow better source attribution, key to meet...
1900環境一般

カーボンの大きな足跡を検証し、追跡する。(VERIFI-ing and tracking carbon’s big footprint)

2022-10-03 オークリッジ国立研究所(ORNL) A new online tool developed by ORNL researchers, VERIFI, provides an easy to use dashb...
ad
タイトルとURLをコピーしました