2022-10-11

1900環境一般

別府湾海底堆積物が語る過去75年間(1940年〜2015年)の海洋マイクロプラスチック汚染状況の変遷

2022-10-11 愛媛大学 このたび、愛媛大学・日向博文教授(理工学研究科)、加三千宣准教授(沿岸海洋科学研究センター)、畑田佳男講師(理工学研究科)、笠毛健生特任助教(理工学研究科)、松山大学・槻木玲美教授(法学部)、静岡県立大...
1700応用理学一般

回転イオンポンプの2つの分子モーターは硬く繋がり連動して働く

2022-10-11 分子科学研究所 発表のポイント ◆ 回転イオンポンプVoV1のイオン輸送律速の回転運動の高精度1分子解析に成功した ◆ VoV1の2つの回転モーターは類縁のFoF1より硬く繋がり連動することを明らかにした ...
1702地球物理及び地球化学

令和4年9月の地殻変動

2022-10-11 国土地理院 全国の地殻変動概況 国土地理院が全国に展開している電子基準点等のGNSS連続観測網(GEONET)の観測結果から求めた、2022年8月下旬から2022年9月下旬までの1か月間の地殻変動概況は、別紙1~7...
1702地球物理及び地球化学

海水の塩分濃度が高くなると、米国のコーンベルトで夏の大雨が予測される可能性(Saltier sea water may predict heavy summer rains in the U.S. corn belt)

2022-10-10 ペンシルベニア州立大学(PennState) A thunderstorm passes over farm fields  Credit: Pixabay. All Rights Reserved. 研究者た...
1700応用理学一般

滑りやすく、水をよく吸う新種の表面素材への道を開く研究成果(Study Opens Door to New Class of Slippery, Water-Loving Surfaces)

2022-10-10 ノースカロライナ州立大学(NCState) 親水性でありながら、非常に滑りやすい表面を人工的に作り出すことができることを、研究者らが実証した。この発見は、滑りやすい材料の開発に関する従来の常識に反するものであり、この...
0101機械設計

深く掘り下げる:自然からヒントを得たモグラガニの潜水ロボット、実世界に応用できる工学の結晶(Digging deep:Inspired by nature, the burrowing mole crab robot is a feat of engineering with real-world applications)

2022-10-10 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) 研究者たちは、潜行性甲殻類にヒントを得たユニークなロボットを発表した。このロボットは、いつの日か農業用地の土壌評価、海洋データの収集、建設現場の土壌や岩石の状態の調査などに役...
1702地球物理及び地球化学

ソルトン湖が有毒な塵と化している理由(Why the Salton Sea is turning into toxic dust)

湖の水量減少の原因を特定する研究 Study identifies cause of lake’s water loss 2022-10-06 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR) The shore line of t...
99未分類

厚みと薄さを乗り越えて X線がとらえたソフトマテリアルのふるまい(Through thick and thin: X-rays track the behavior of soft materials)

強力なX線ビーム技術を用いて、歯磨き粉やヘアジェルのような柔らかい素材がどのような理由でリラックスしているのかを研究しています。この研究で得られた知見は、新しい消費財やナノテクノロジーの設計に役立ちます。 With a powerful ...
ad
タイトルとURLをコピーしました