英国政府が宇宙太陽光発電システム(SBSP)の可能性について調査

ad
ad
ad
ad

UK government commissions space solar power stations research

「政策の科学」関連 海外情報 (GOV.UK記事) 元記事公開日: 2020/11/14

英国政府は、宇宙太陽光発電システム(SBSP)に関する新しい研究をFrazer-Nash Consultancy社に委託した。これは、非常に大きな太陽光発電衛星を使用して太陽光エネルギーを収集し、それを高周波電波に変換して、電力網に接続された地上の受信装置に安全にビーム伝送するもので、英国は2020年に、この再生可能技術が、回復力があり、安全で、持続可能なエネルギー源を提供できるかどうかについて調査する。システムのエンジニアリングと経済性、つまり消費者に手頃な価格でエネルギーを提供できるかどうか、およびシステム構築に必要なエンジニアリングと技術について検討する。最大の課題の1つは、軌道上での巨大衛星の組み立てである。この規模での衛星の組み立てはこれまで経験されたことがない。
https://www.gov.uk/government/news/uk-government-commissions-space-solar-power-stations-research

タイトルとURLをコピーしました