パイパー式PA-46-350P型機の重大インシデント[オーバーラン](大島空港、令和元年5月4日発生)

ad
ad

2020-10-29 運輸安全委員会

概要

報告書番号:AI2020-6-1

発生年月日:2019年05月04日

発生場所:大島空港

航空機種類:飛行機

航空機区分:小型機

型式:パイパー式PA-46-350P型

登録記号:JA121C

運航者:個人

事故等種類:オーバーラン

概要:個人所属パイパー式PA-46-350P型JA121Cは、令和元年5月4日(土)レジャー飛行のため、八尾空港を離陸し、大島空港の滑走路21に着陸した際、滑走路をオーバーランし、自力走行できなくなった。
同機には、機長ほか4名の計5名が搭乗していたが、負傷者はいなかった。

原因:本重大インシデントは、同機が大島空港に着陸する際、追い風となる滑走路に対して、速度が大きいまま滑走路中央標識を越えた地点に接地したため、滑走路をオーバーランして脚を損傷し、自力走行ができなくなったものと推定される。

死傷者数:なし

公表年月日:2020年10月29日

報告書(PDF):

タイトルとURLをコピーしました