2020-10-28

1202農芸化学

幼若ホルモンの働きを抑える薬剤探索法の開発と新たな昆虫成長制御剤の候補となる化合物の発見

ターゲット分子を狙い撃ちにした薬剤開発に期待 2020-10-27 農研機構 ポイント 農研機構は、昆虫の幼若(ようじゃく)ホルモンの働きを抑える昆虫成長制御剤1)の候補となる化合物を、大規模な化合物ライブラリー2)から効率的...
1200農業一般

NTTと農研機構が秘密計算技術による作物ビッグデータ活用の共同研究を開始

安全かつ高度な作物データ利活用の活性化した世界を目指して 2020-10-28 日本電信電話株式会社,農業・食品産業技術総合研究機構  日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純 以下、NTT)と、農業...
0402電気応用

超精密中性子集束ミラーによる電極界面のナノ構造解析技術の実用化

測定精度の劇的な向上に向けた大きなマイルストーン 2020-10-28 京都大学 日野正裕 複合原子力科学研究所准教授は、山田悟史 高エネルギー加速器研究機構助教、根本文也 同特任助教(研究当時)、堀耕一郎 同共同研究研究員らの研究...
2004放射線利用

一瞬で超高線量の放射線をがんに照射するFLASHではどうして副作用が抑制されるのか?

その要因と考えられている現象を放射線化学的実験で初めて明らかに 2020-10-27 量子科学技術研究開発機構 発表のポイント ・従来の治療照射の線量率1)(0.03 Gy/s程度)に比べて1000倍以上と極端に高い線量率(> ...
1700応用理学一般

テラヘルツ光が姿を変えて水中を伝わる様子の観測に成功!

これまでの常識を覆すテラヘルツ光の新たな活用法として期待 2020-10-28 量子科学技術研究開発機構 発表のポイント 水面にパルス状のテラヘルツ光を照射すると、テラヘルツ光が届かない水中にも光音響波を介して効率良くエネルギ...
2005放射線防護

コナラの放射性セシウム吸収を決める土壌のカリウム~利用可能なきのこ原木林判定への新たな手がかり~

2020-10-28 森林総合研究所 ポイント きのこ原木林のコナラ当年枝の放射性セシウム吸収を決める主要な要因を明らかにしました。 土壌の交換性カリウム量が多いほどコナラの放射性セシウム吸収は少なくなります。 ...
2005放射線防護

福島第一原発事故で放出された放射性物質の陸域環境中での動き ~チェルノブイリより環境回復は大幅に速い~

2020-10-28 筑波大学,日本原子力研究開発機構,福島大学,科学技術振興機構 東京電力福島第一原子力発電所での大規模な原子力事故では、半減期が比較的長い放射性セシウムを含む放射性物質が大量に放出されました。事...
1701物理及び化学

生まれたばかりの宇宙で成熟した銀河が急速に出現していた

アルマ望遠鏡による初期宇宙にある銀河の最大規模の探索 2020-10-28 国立天文台 研究グループが、アルマ望遠鏡を用い電波で観測した初期宇宙の銀河のうちの2つ。銀河は大量の塵(黄色部分)を含んでおり、原始的な状態ではなく比較的成長し...
ad
タイトルとURLをコピーしました