モーリシャス沿岸における油流出事故を受けた「だいち2号」の観測協力

ad
ad

2020-08-28 JAXA

モーリシャス共和国沿岸で座礁した貨物船「WAKASHIO」による油流出事故(日本時間2020年7月26日に座礁、8月6日に燃料油が流出)に対し、日本の国際緊急援助隊・専門家チームが派遣され、油防除作業、環境分野の支援活動等が行われています。

この活動への協力のため、JAXAは陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)でのモーリシャス沖の緊急観測を実施し、国際緊急援助隊・専門家チームに参加している海上保安庁への観測データ(画像)提供及び技術支援を行っています。「だいち2号」観測データは海上保安庁において解析され、国際緊急援助隊・専門家チーム(一次隊)により利用されました。現在活動中の二次隊に向け引き続き「だいち2号」の観測データを提供しています。

座礁船付近の海面観測結果

2020年8月10日から8月22日にかけて10回の「だいち2号」によるモーリシャス沖観測を実施しました。この内、8月10日、14日、15日、17日(現地時間)の撮像結果を紹介します。

各画像で、レーダから照射した電波の反射が強い陸地(島)、船舶、(サンゴ)環礁などは明るく(白く)見えています。一方で海面は反射が弱いため暗く(黒く)、油が海面に浮遊している場所はさらに暗く(黒く)なります(本ページ後半の解説をご参照下さい)。8月10日の画像では、座礁船から島の方向に油の流出が拡がっている様子が分かります。

8月10日と比較して、8月14日は油の流出範囲が狭くなったように観測されましたが、8月15日には再び油の範囲が拡大したような観測画像となりました。17日には油の範囲は再び狭くなり、以降も同様の傾向が続いています。

なお、座礁船からの油の流れは、エグレット島を経由しモーリシャス本島に向かうことが多く観測されています。複数の衛星データを基にした潮流情報では、モーリシャス本島の東沖は8月1日以降東から西向きとなっており、その潮流の影響を受けたものと考えています。

モーリシャスと座礁船の位置説明

図1. モーリシャスと座礁船の位置説明

8月10日 11:35(現地時間) オフナディア角35.2° 広域観測モード(分解能100m)

図2. 8月10日 11:36(現地時間) オフナディア角35.2° 広域観測モード(分解能100m)

座礁船からエグレット島を経由して、モーリシャス本島に油が流れる様子が見える。また、画像の上部(北側)の沿岸にも油と見られる場所が確認できる。

8月14日 00:37(現地時間)、オフナディア角36.6° 高分解能モード(分解能10m)

図3. 8月14日 00:37(現地時間)、オフナディア角36.6° 高分解能モード(分解能10m)

8月10日と比べ、油の流出範囲と見られる暗いエリアが減少している。

8月15日 11:42(現地時間)、オフナディア角35.2° 広域モード(分解能100m)

図4. 8月15日 11:42(現地時間)、オフナディア角35.2° 広域モード(分解能100m)

8月14日と比べ流出範囲が拡大したように見える。座礁船が2つに割れたことによる油流出に対応する。

8月17日 00:03(現地時間)、オフナディア角32.0° 高分解能モード(分解能3m)

図5. 8月17日 00:03(現地時間)、オフナディア角32.0° 高分解能モード(分解能3m)

タイトルとURLをコピーしました