「環境報告のための解説書~環境報告ガイドライン2018年版対応~」の公表について

スポンサーリンク

 2019-04-12 環境省

環境省では、昨年6月に「環境報告ガイドライン2018年版」を公表いたしました。今般、環境報告の背景情報や考え方などの基礎知識のほか、環境報告ガイドラインに沿った環境報告を行う際の手順、書き方、開示例や難解な事項についての解説などをまとめた「環境報告のための解説書~環境報告ガイドライン2018年版対応~」を作成しましたので、お知らせいたします。
また、「環境報告ガイドライン2018年版」の英文版も併せて公表いたします。

1.概要

環境報告を行う事業者が、必要な情報を網羅的に開示する際の報告指針である「環境報告ガイドライン2018年版」の理解を助け、ガイドラインに沿った環境報告を行いやすくなるよう、「環境報告のための解説書~環境報告ガイドライン2018年版対応~」を作成いたしました。解説書は、3つのパートで構成されています。

・「本文」:「環境報告ガイドライン2018年版」に沿った環境報告を行う際の手順、書き方、開示例などをまとめています。

・「詳細解説」:難解な事項についての解説を提供します。必要に応じ、項目は追加を予定しています。

・「参考資料」:事業者が重要な環境課題を特定する際に参考とできるよう、主な環境課題とその実績評価指標を例示し、解説しています。

環境報告にあたり、「環境報告ガイドライン2018年版」本体だけを利用する、または、本体と解説書を併用するなど、環境報告に関する知識や経験の度合いに応じて、自由に御活用ください。

2.入手方法

「環境報告ガイドライン2018年版」(和文版、英文版)及び「環境報告のための解説書~環境報告ガイドライン2018年版対応~」は、以下から入手できます。

http://www.env.go.jp/policy/2018.html

なお、環境報告ガイドライン2018年版普及セミナーの動画を「環境省 環境情報開示基盤整備事業~ESG対話プラットフォーム~」のウェブサイトに掲載しておりますので、こちらも御活用ください。 

https://www.env-report.env.go.jp/

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

  • 課長西村 治彦(内線 6260)
  • 課長補佐菅生 直美(内線 6263)
  • 担当今泉 由紀子(内線 6286)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク