新天文学専用コンピュータ「アテルイII」始動!「理論天文学の望遠鏡」

スポンサーリンク

2018/06/01 国立天文台

天文学専用スーパーコンピュータ「アテルイII」天文学専用スーパーコンピュータ「アテルイII」

国立天文台 天文シミュレーションプロジェクトは、天文学専用スーパーコンピュータ「アテルイ」に替わる新たな大規模数値計算専用計算機としてCray XC50システムを導入し、2018年6月1日より国立天文台 水沢キャンパス(岩手県奥州市水沢)にてその本格運用を開始しました。新しいスーパーコンピュータシステムは、2013年の「アテルイ」導入時の約6倍、2014年のアップグレード以降から3倍の理論演算性能である3.087 Pflops(ペタフロップス)(注)に向上しました。この性能によって、「アテルイ」ではできなかったシミュレーションを行い、「理論天文学の望遠鏡」として新しい宇宙の姿を描き出すことが期待されます。この新システムの愛称は、前システムを引き継ぎ「アテルイII(ツー)」と名付けられました。

(注) フロップスとは計算速度の単位。1ペタフロップスは1千兆回の演算ができることを意味する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク