霧島山新燃岳2018年噴火に関する調査結果

スポンサーリンク

2018/03/07 産総研地質調査総合センター 活断層・火山研究部門
産総研地質調査総合センター (GSJ) は霧島山新燃岳2018年3月1日からの噴火に対応し、現地調査チームを派遣しました。
3月2日から、現地での噴出物調査 (構成粒子の観察、噴出物分布調査等) と、茨城県つくば市にある研究所での分析作業 (顕微鏡観察・化学分析・岩石学的解析) を実施しています。
調査結果は随時公表していきます。調査にあたり、気象庁などにご協力いただいております。

2018年3月6日夕方霧島新燃岳の南西方向(火口から約3km)に降下した発泡した火山礫。

目次
現地調査報告(速報)

霧島市牧園からみた新燃岳噴煙。

火山灰採取の様子。霧島市牧園

火山灰が付着した松葉。霧島市牧園

(いずれも3月4日午後撮影)

火山噴火予知連絡会資料

産総研から火山噴火予知連絡会に提出した資料を公開しました。

問い合わせ先

産総研地質調査総合センター

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする