2017年 金属鉱物資源をめぐる動向

ad
ad

画像 JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 金属資源情報

2018年1月10日 調査部 金属資源調査課

はじめに

世界の金属鉱業界全般にとって2017年は、米・中経済の先行き懸念等から一時は低迷したものの、年央以降は底堅い需要を背景に回復基調を辿った年であった。また、自動車業界のEV化進展への期待から関連資源の需要増加見通しが声高に叫ばれた年でもあった。JOGMEC調査部では、2017年の金属鉱物資源分野における主な出来事を振り返り、その動向を以下のとおり取りまとめた。

◆資源価格、ベースメタルは回復基調、プラチナとパラジウムの価格が16年ぶりに逆転

2017年の資源価格は、米国や中国の経済動向が市況全般に影響を与え、年初は米国トランプ政権や中国経済への期待感からベースメタル価格は全般に上昇した。その後は、米中経済の先行き懸念等から下落傾向を辿ったものの、年央からは中国経済に対する期待感や同国環境規制による供給不足見通し等から再度上昇傾向へと転じた。銅は12月28日に7,216.0US$/t(2014年2月19日以来高値)、鉛は12月18日に2,586.5US$/t(2011年8月1日以来高値)、ニッケルは11月6日に12,830.0US$(2015年8月16日以来高値)と2017年の最高値を付け、亜鉛に至っては10月4日に3,370.0US$/t(2007年8月3日以来高値)と記録的な高値を付けた。

個別にみると、銅はインドネシアGrasberg鉱山での輸出禁止に伴う減産示唆・ストライキ懸念(1月)、チリEscondida鉱山での長期ストライキ(2月)、ペルーCuajone銅鉱山、Toquepala銅鉱山でのストライキ(2月)、中国の銅スクラップ輸入規制(7月以降)やLME在庫の減少などが価格を押し上げる要因となった。鉛・亜鉛は、供給不足懸念に加えLME倉庫でのキャンセルワラント増加や在庫減少を受け価格が高騰した。ニッケルは、フィリピン天然資源省による国内鉱山の閉鎖・操業一時停止、同国環境規制等の影響による生産減(8月)、EV向け需要拡大への期待感(11月Tafigura社の硫酸ニッケル需要見通し等)、冬季の中国の電力・エネルギー不足によるニッケル銑鉄生産減少によるステンレス原料供給ひっ迫懸念(11月)などが価格上昇の要因となった。

貴金属市場においては、金は緩やかな上昇を見せたものの、プラチナは横ばい若しくは下落傾向を辿り、9月以降は年初より低い価格で推移した。これに対してパラジウムは、1年間を通して価格が上昇した。

ディーゼル車の排ガス触媒向けとして使用されるプラチナは、欧州市場での環境規制によるディーゼル車の需要減退見通しから価格は低迷した。一方、ガソリン車の排ガス触媒向けとして使用されるパラジウムは、ガソリン車の需要好調により価格が高騰した。この傾向により9月28日には、これまで割安とされてきたパラジウム価格がプラチナ価格を上回り、12月28日には1,072.5US$/oz(AM/PM平均価格)に達し、2001年2月7日以来の記録的高値となった。

安全資産としての投資先ともなる貴金属は、ドル為替変動の影響を受けるだけでなく、米国政府・経済の先行き、シリア・北朝鮮情勢の緊迫化等の地政学的リスクの影響を度々受けることとなった。

表1.2017年ベースメタルLME(セツルメント)価格概要(US$/t)
年初価格12月21日時点価格最高値最安値
5,574.06,970.07,216.0
(12月28日)
5,466.0
(5月18日)
2,007.02,491.02,586.5
(12月18日)
2,007.0
(1月3日)
亜鉛2,552.03,223.03,370.0
(10月14日)
2,434.5
(6月7日)
ニッケル10,205.012,000.012,830.0
(11月6日)
8,715.0
(6月2日)
表2.2017年貴金属LBMA(AM/PM平均価格)価格概要(US$/oz)
年初価格12月21日時点価格最高値最安値
1,149.831,265.201,348.58
(9月8日)
1,149.83
(1月3日)
プラチナ917.5915.51,029.5
(2月27日)
877.0
(12月13日)
パラジウム695.01,031.01,072.5
(12月28日)
695.0
(1月3日)
タイトルとURLをコピーしました