EV利用範囲拡大を目指す

スポンサーリンク

米国カリフォルニア州で実証事業を本格始動

―25カ所55基の大規模な急速充電ステーション回廊が完成―
2017年11月28日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
日産自動車株式会社/兼松株式会社

NEDO、日産自動車(株)と兼松(株)は、米国カリフォルニア州内に25カ所・55基の大規模な急速充電ステーションネットワークを完成させ、さらにEVドライバー向けリアルタイム情報スマホアプリサービス“DRIVEtheARC”を日産自動車(株)の自動車情報サービス“NissanConnect”とデータ連携させるなど従来より機能をバージョンアップさせ、EV利用範囲拡大を目指す実証事業を本格的に始動しました。

本実証事業では、これから約2年間の実証期間を通じて、急速充電器の適正な設置箇所や利用者の充電行動などEVのさまざまな行動パターンのデータを集積、分析し、EV利用距離の延伸の可能性についても評価分析します。

今後、日産自動車(株)と兼松(株)は、本実証事業を通じて、EVのリアルタイムデータやビッグデータビジネスの検討を進めます。

http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100879.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク