福島第一原子力発電所事故

2005放射線防護

原発事故後10年間の森林土壌中の放射性セシウム動態を解明~ほとんどが鉱質土層表層に移動し、留まり続ける~

2022-11-22 森林研究・整備機構 森林総合研究所 ポイント 福島第一原子力発電所の事故後、10年間調査を行い、森林土壌中の放射性セシウム(セシウム137)の分布や動きを明らかにしました ほとんどの放射性セシウム...
2005放射線防護

福島第一原子力発電所事故による除去土壌等最終処分の社会受容性を調査~手続き的公正さと分配的公正さの重要性が明らかに~

2022-08-24 産業技術総合研究所 ポイント 放射性物質を含む除去土壌などの福島県外最終処分の社会受容性についてウェブアンケートを実施 受け入れが決められた経緯、処分場の数、処分される物質の濃度や物量について選好を調...
2000原子力放射線一般

東京電力福島第一原子力発電所事故に係る調査・分析の実施状況

2020-09-30 原子力規制庁 1.経緯 東京電力福島第一原子力発電所事故に関し、現場の環境改善や廃炉作業の進捗により、原子炉建屋内部等へのアクセス性が向上し、施設の状態確認や試料の採取が可能な範囲が増えていることを踏まえ、昨年9月...
2000原子力放射線一般

放射性セシウムの森林からの流出が淡水魚の濃度に与える影響に関する解析的検討

セシウム137の流出源は、落葉の河川への直接流入、落葉層からの側方流入、土壌層からの側方流入の3つ。森林内のセシウム137の循環は事故後10年程度で平衡状態に近づき、河川水や淡水魚のセシウム137濃度は物理減衰程度になると推測された。
ad
タイトルとURLをコピーしました