再生可能エネルギー

0401発送配変電

NRELの新しいデータセットが示す、建物の柔軟性がグリッドにもたらす価値(New NREL Dataset Shows Value Building Flexibility Adds to Grid)

2022-08-04 アメリカ国立再生可能エネルギー研究所(NREL) この研究は、米国本土で予測される将来の電力システムにおける一般的な建物の柔軟性の総価値(容量、エネルギー、アンシラリーサービスの価値を含む)を、コンピュータモ...
0503燃料及び潤滑油

CO2排出量をさらに減らすには?藻類がその一助となることが明らかに(How can we further reduce CO2 emissions? New study reveals algae can help)

エタノールを作る際に排出される炭素は、藻類を培養し、その藻類をバイオ燃料の製造に利用することができる。
1900環境一般

EU:風力と水力が最大の再生可能エネルギーを供給

Wind and water provide most renewable electricity 「政策の科学」関連 海外情報(欧州委員会記事) 元記事公開日: 2021/1/11 EU統計局(Eurostat)の最新の数...
0401発送配変電

第13次5カ年計画期間の中国の再生可能エネルギーの政策と状況

2020-04-24(更新:2020-05-08) 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO 第13次5カ年計画期間(2016-2020年)の中国の再生可能エネルギーの政策と状況についてのレポートです。中国で急速に導...
0401発送配変電

再エネを利用した世界最大級の水素製造施設「FH2R」が完成

再生可能エネルギーなどから毎時1,200Nm3の水素を製造する能力を持ち、電力系統に対する需給調整を行うことで、出力変動の大きい再生可能エネルギーの電力を最大限利用するとともに、クリーンで低コストな水素製造技術の確立を目指す。
0401発送配変電

再エネによる世界最大級の水素製造拠点が福島県浪江町で誕生

世界最大級の再生可能エネルギー由来の水素製造施設「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」(福島県浪江町)の稼働を3月に開始する。
0401発送配変電

次世代の系統安定化技術の開発に着手

再生可能エネルギーを大量に導入する際に懸念される、慣性力の低下対策や、配電系統における電圧・潮流の最適な制御方式、電力品質を低下させない高圧連系PCSなど、次世代の系統安定化に必要な基盤技術の開発に着手した。
0401発送配変電

安定的な再生可能エネルギーの電力供給を実現~新たな最適蓄発電運用計画法を開発~

再生可能エネルギー(再エネ)発電量の変動幅の予測(区間予測)を利用して、当日運用において再エネや需要のリアルタイム変動に合わせて発電機や蓄電池を運用するだけで、安定的な電力供給を実現する新たな前日計画法を開発した。
0202海洋空間利用

日本でも、海の上の風力発電を拡大するために

日本でも洋上風力発電を増やしていくため、ヨーロッパの取り組みも参考にしながら、課題への対応策を組み合わせた導入促進策を進めていく必要がある。政府は、2017年12月に検討チームを立ち上げるなど、課題の解決に向けた検討を進めてきた。
0401発送配変電

課題をどう解決する?再エネの安全性を高め長期安定的な電源にするためには②

さまざまな自然災害を通じて顕在化してきた、再生可能エネルギー(再エネ)が抱える課題について安全を第一に考えることで、それらの課題を克服し、再エネを長期で安定的に稼動するエネルギーとするためにどうするか。
ad
タイトルとURLをコピーしました