2002原子炉システムの運転及び保守

スポンサー
2002原子炉システムの運転及び保守

汚染水の浄化処理設備で発生する廃棄物の安定化処理の計画

2020-06-19 東電廃炉プロジェクト Ⅰ.汚染水の浄化処理で発生する廃棄物 福島第一原子力発電所では、汚染水に含まれる放射性物質を低減するため、各種装置による浄化 処理を行い、「多核種除去設備等処理水(以下、『処理水』)」としてタン...
2002原子炉システムの運転及び保守

廃棄物を対象とした93Zr, 93Mo, 107Pd 及び126Sn の分析マニュアルの整備

分析手法が定まっていない核種のうち、ジルコニウム93(93Zr)、モリブデン93(93Mo)、パラ ジウム107(107Pd)及びスズ126(126Sn)を対象として、実廃棄物のルーチン分析にも適用できるように簡易な分析法を開発した。
2002原子炉システムの運転及び保守

水素再結合触媒の最適形状を明らかにする~実規模試験により水素濃度低減効果を確認~

水素再結合触媒を作製し、水素濃度低減効果を実規模反応試験装置にて評価した。
2002原子炉システムの運転及び保守

建屋内に浮遊する核燃料物質を測定する

誤警報の少ない高信頼の α 線用ダストモニタの開発が必要とされていた。エネルギー分解能の高い GPS(Gd2Si2O7)シンチレータプレートを用いた α 線用ダストモニタを開発、核燃料施設に設置して連続測定試験を行った。
2100総合技術監理一般

廃炉中長期実行プラン2020

中長期ロードマップや原子力規制委員会のリスクマップに掲げられた目標を達成するための廃炉全体の主要な作業プロセスを示すために作成した。世界でも前例のない取組が続くため、進捗や課題に応じて定期的に見直しながら、安全・着実かつ計画的に進める。
2002原子炉システムの運転及び保守

原子炉内での放射性物質のふるまい予測をめざす~重大事故時のセシウムの「化学」をデータベース化~

軽水炉の重大事故時におけるセシウム等の放射性物質の事故時ふるまいに大きな影響を与える化学挙動を予測可能な核分裂生成物化学挙動データベース「ECUME(エキューム)」を構築した。
2000原子力放射線一般

溶融燃料(燃料デブリ)の硬さを計算で明らかにする~第一原理計算による燃料デブリの機械的特性評価

燃料デブリの機械的特性に注目し、原子レベルのシミュレーションによって評価することに成功した。
2002原子炉システムの運転及び保守

事故時の制御棒破損を解明する~事故時のホウ素のふるまいの解明~

1F2 号機のプラントデータを基に、事故初期過程を概略評価し、設定した試験条件にて、制御棒ブレード破損試験を行い、制御棒ブレード破損に伴うホウ素の挙動を調査した。
2002原子炉システムの運転及び保守

「JMTR(材料試験炉)二次冷却系統の冷却塔倒壊について」の報告書提出について

JMTR(材料試験炉)二次冷却系統の冷却塔倒壊について、冷却塔のがれき等の撤去作業が完了したことから、現場の安全管理等の進捗の記載及び記載の適正化を行い、下記のとおり補正した報告書を原子力規制委員会に提出した。
2002原子炉システムの運転及び保守

東京電力福島第一原子力発電所事故における水産物の安全性と汚染水対策について

2020-02-05   水産庁
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました