0700金属一般

0700金属一般

大規模かつ高解像度三次元解析手法により疲労亀裂の成長メカニズムを解明~航空機エンジン用部品の信頼性確保に光明~

2022-10-28 物質・材料研究機構 NIMSの研究チームは、大体積を扱う新たな3D解析手法を活用することにより、ミクロな疲労亀裂の成長メカニズムが、金属結晶の特定の面に沿ったすべりにより成長することを解明し、金属疲労の分野で50...
0700金属一般

合金に発生する欠陥が、実は合金を良くしている理由(How Imperfections Can Actually Improve Alloys)

ピット大学の研究者ら、材料の欠陥を利用して合金の強度と延性を両立させる方法を発表 Pitt Researchers Publish Method to Make Alloys Both Strong and Ductile By Leve...
0700金属一般

アモルファス物質の疲労破壊の機構を解明

2022-10-11 東京大学生産技術研究所 ○発表者: 田中 肇(研究開始当時:東京大学 生産技術研究所 教授 現在:東京大学名誉教授/東京大学 先端科学技術研究センター シニアプログラムアドバイザー(特任研究員)) 黒谷雄司(...
ad
0700金属一般

金属材料の謎を解明、原子1つ1つから解明(Scientists chip away at a metallic mystery, one atom at a time)

放射線が金属を弱らせることはよく知られている。そのメカニズムを解明するのは、とても難しい仕事です。 It’s no secret that radiation weakens metal. Uncovering how is compli...
0700金属一般

北海道より「苫前鉱(とままえこう)」を発見~プラチナを主成分とする新鉱物~

2022-09-08 東京大学 苫前町で採集された砂白金からプラチナを主成分とする新種の鉱物(新鉱物)を発見し、「苫前鉱(とままえこう、学名:Tomamaeite)」と命名した。 北海道で産出する砂白金から、苫前鉱を含む40...
0700金属一般

高温融体の熱伝導率の短時間測定技術を実用化~溶融アルミニウム合金などの高熱伝導率材料を含む測定サービスを開始~

2022-09-06 産業技術総合研究所 ポイント 熱伝導率測定法として高精度な測定が可能なホットディスク法を使用 高温融体測定用センサーと高速測定技術の組み合わせによる1秒未満の測定を達成 100 W/m・Kを超え...
0700金属一般

次世代量子・電子デバイスのための2次元材料研究のスピードアップに成功(A Faster Way to Study 2D Materials for Next-Generation Quantum and Electronic Devices)

人工知能を活用した新しいアプローチで、自動化された実験を補強する New approach leverages artificial intelligence to augment automated experiments 2022-...
0700金属一般

使用済電池から低コストで超高純度リチウム回収~レアメタル資源循環を拓く~

高性能イオン伝導体をリチウム(Li)分離膜とした超高純度(99.99%)Li回収技術、イオン伝導体リチウム分離法(LiSMIC技術)を用いて、車載用リチウムイオン電池(LIB)から電池原料の超高純度リチウムを低コストで回収できることを示しました。
0700金属一般

「JX金属-産総研 未来社会創造 素材・技術連携研究ラボ」を設立

JX金属-産総研 未来社会創造 素材・技術連携研究ラボを設立します。産総研の製造プロセス技術、素材特性の評価技術と、JX金属の非鉄金属に関する幅広い技術や知見によって、革新的な素材・技術の社会実装を促進するとともに、イノベーションを生み出す技術開発への取り組みを通して、持続可能な未来社会の創造に貢献してまいります。 
0700金属一般

コバルトを廃石から回収する技術、豪と共同研究へ

クイーンズランド州の銅鉱山の廃石からコバルトを回収する技術についての共同研究実施に合意しました。豪クイーンズランド州他での未回収コバルト資源の有効活用を促進し、カーボンニュートラル社会の実現に不可欠なレアメタルの安定供給に貢献することを目指します。
0700金属一般

機械学習で準結晶を形成する化学組成を同定~準結晶の安定化メカニズムの解明に向けた第一歩~

機械学習のアルゴリズムを駆使してこれまでに見つかった準結晶の組成パターンを読み解き、新しい準結晶の化学組成を予測できることを実証した。
0700金属一般

溶接しても超長疲労寿命な第二世代FMS合金を開発

地震から建物を守る制振ダンパー用に開発された、従来比10倍の疲労耐久性を示すFMS合金について、疲労耐久性はそのままに、FMS合金同士を溶接しても割れが発生しない新成分の合金を開発した。
ad
タイトルとURLをコピーしました