2100総合技術監理一般

2100総合技術監理一般

警視庁第七方面区内9警察署と日産自動車、災害対策強化に向けて電気自動車を活用した災害連携を開始

『ブルー・スイッチ』203件目、電気自動車を活用した連携協定を締結 2023-01-30  日産自動車 警視庁第七方面区内9警察署と、日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)、日産東京販売株式会社(本社:東京都...
2100総合技術監理一般

地震やパンデミックなど、稀に起こる災害を機械学習で予測する研究を発表(Study shows how machine learning could predict rare disastrous events, like earthquakes or pandemics)

ブラウン大学とマサチューセッツ工科大学の研究者は、高度な機械学習システムと逐次サンプリング技術の組み合わせにより、科学者が異常気象を予測するために膨大なデータセットを必要としない方法を提案します。 Researchers from Bro...
1604情報ネットワーク

スマホアプリで取得の人流データとAIを活用して津波避難状況をリアルタイムに把握~北海道根室市で内閣府が実施する地震・津波防災訓練において国内初の実証実験に活用~

2022-10-20 株式会社Agoop ソフトバンク株式会社の子会社で、位置情報を活用したビッグデータ事業を手がける株式会社Agoop(アグープ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:柴山 和久、以下「Agoop...
ad
2100総合技術監理一般

機械学習によるソリューションで、消防士が致命的なバックドラフトを回避できるようになるかもしれません。(A Machine Learning-Based Solution Could Help Firefighters Circumvent Deadly Backdrafts)

2022-10-17 アメリカ国立標準技術研究所(NIST) 米国国立標準技術研究所(NIST)の研究者が、密室の奥に潜む危険性を消防士に知らせるための計画を立案した。研究チームは、バックドラフトを予測できるモデルの基礎として、実験室で数...
2100総合技術監理一般

100%クリーンな電力への道:最後の数パーセントを突破するための6つの潜在的な戦略(On the Road to 100% Clean Electricity: Six Potential Strategies To Break Through Last Few Percent)

米国電力網のゼロエミッション達成に向けた最後の数パーセントの課題を克服するための技術オプションのトレードオフを調査 Study Surveys Trade-Offs of Technology Options To Overcome Ch...
2100総合技術監理一般

AIが未来の消防士を救うかもしれない(AI May Come to the Rescue of Future Firefighters)

2022-08-10 アメリカ国立標準技術研究所(NIST) A view from NIST's Burn Observation Bubble (BOB) of a burning structure during an expe...
2100総合技術監理一般

災害拠点病院の水害対策タイムラインを策定~令和2年豪雨を想定した防災訓練で効果を検証~

2022-05-06 京都大学 令和2年4月に防災研究所は、全国の感染症指定医療機関のうち、千年に1度レベルの大豪雨で34%が、100~200年に1度レベルでも26%が浸水被害を受けるという調査結果を公表しました。同年7月豪雨による熊...
2100総合技術監理一般

緑の屋根は都市住民にとってコストに見合うものである(Green roofs are worth the cost for urban residents)

2022-05-03 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 オレゴン州ポートランドでは、植物で覆われた屋根が日常的に見られるようになりました。同市は、無料の街路樹、小規模住宅のリベート、屋上緑化など、雨水管理のためのグリーンインフラを取り...
2100総合技術監理一般

日本初!電気設備の事故情報一元化を実現! ~情報公開により再発防止に貢献!!

発電、変電、送電、配電又は電気の使用のために設置する工作物(電気工作物)の事故情報を全国規模で集約したデータベースを構築し「詳報公表システム」として公開しました。
2100総合技術監理一般

政府の技術実証による大規模イベントでの感染予防対策の調査(第二報)

政府の「ワクチン・検査パッケージの技術実証」の試合を含むBリーグの5試合で感染予防対策の調査を実施。マスク着用率は試合中で平均96.3%、ハーフタイムで平均92.6%。観客の応援は主に拍手であり、試合時間に対してチャンスなどで歓声が発生した割合は平均0.8%。5試合における各会場の観客席のCO2濃度の平均値は623-919ppm。
1600情報工学一般

科学技術基本政策文書検索の公開について

政策文書の相互の関連や、時系列的な動向を把握するために、科学技術基本政策に関する文書を収録し、検索できるシステムを公開した。
2100総合技術監理一般

ドイツは量子技術への投資により技術主権確保を目指す

Karliczek: Mit Quantentechnologien zu mehr technologischer Souveranitat 「政策の科学」関連 海外情報(BMBF記事) 元記事公開日: 2021/1/6 ...
ad
タイトルとURLをコピーしました