0502有機化学製品

0502有機化学製品

バイオマニュファクチャリングの急展開を約束する微生物の「リワイヤリング」技術

(Microbe “Rewiring” Technique Promises a Boom in Biomanufacturing) 2020/11/10 アメリカ合衆国・ローレンスバークレー国立研究所(LBNL) ・ L...
0502有機化学製品

高機能な有機ケイ素材料の製造に適した鉄錯体触媒の開発に成功

空気中で安定な鉄触媒として東京化成工業から発売 2020-12-14 新エネルギー・産業技術総合開発機構,北里研究所,大阪市立大学 NEDO、学校法人北里研究所、公立大学法人大阪は、有機ケイ素材料の高機能化と安価提供に向け、実用性に...
0502有機化学製品

使用済み食用油からのバイオディーゼル製造がより簡便に

(Making biodiesel from dirty old cooking oil just got way easier) 2020/10/27 オーストラリア連邦・ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT) ・ RMI...
0502有機化学製品

有機小分子が分子集合体の形成を制御する~相分離生物学のソフトマテリアルへの応用~

2020-12-04 理化学研究所 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター創発生体工学材料研究チームのアヴァナシアパン・ナンダクマル基礎科学特別研究員、上田一樹専任研究員(理研開拓研究本部伊藤ナノ医工学研究室専任研究員)、伊藤嘉...
0502有機化学製品

香料の原料となるカテコールを微生物で発酵生産する技術の開発に成功

スマートセル技術を活用し、世界最高レベルの生産濃度達成 2020-12-02 新エネルギー・産業技術総合開発機構,地球環境産業技術研究機構 NEDOと公益財団法人地球環境産業技術研究機構(RITE)は、微生物を用いた高機能品...
0502有機化学製品

蛋白質の機能発現に必要な構造揺らぎの解明~中性子で蛋白質の構造と動態を見る~

『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.60 図5-11 機能発現に伴う蛋白質構造の動き 酵素蛋白質は基質分子と反応するために(→)、分子の形を変化させる必要があります。このような分子の構造揺らぎは、中性子非弾性散乱実験で...
0502有機化学製品

CO2とケイ素化合物からポリカーボネートやポリウレタンの原料を合成

水が副生しない新しい反応で高効率な合成を実現 2020-11-27 産業技術総合研究所 ポイント CO2とケイ素化合物からポリカーボネートやポリウレタンの原料を合成する触媒技術を開発 水を副生しない反応プロセスで触媒が長...
0502有機化学製品

小麦グルテンを利用したサステナブルなおむつ材料

(Wheat gluten can be used to make sustainable diaper material) 2020/10/8 スウェーデン王国・王立工科大学(KTH) ・ KTH とスウェーデン農業科学大...
0502有機化学製品

米国:国立衛生研究所(NIH)とモデルナ社のCOVID-19ワクチン臨床試験の有望な中間結果

Promising Interim Results from Clinical Trial of NIH-Moderna COVID-19 Vaccine 「政策の科学」関連 海外情報 (NIH記事) 元記事公開日:2020/11/16 ...
0502有機化学製品

CO2 をエチレンに効果的に転換する経路を発見

(From CO2 to Ethylene — UCLA and Caltech Researchers Discover Effective Pathway to Convert Greenhouse Gas into Valuable...
ad
タイトルとURLをコピーしました