0502有機化学製品

0502有機化学製品

「暗闇で光る」樹木に着想したりん光材料 (Phosphorescent material inspired by ‘glow in the dark’ wood)

木材の主要成分であるリグニンを使用したりん光材料を開発。サステナブルな発光材料の新しい選択肢だけでなく、製紙産業が年間 600 兆トンを産出するリグニンの付加価値を高めた利用方法をも提供する。
0502有機化学製品

従来の合成材料性能を超えるバイオベースの木材用コーティング剤

樹木や植物に豊富に含まれる天然のポリマーであるリグニンを使用した、安全で低コスト、高性能の木材用コーティング剤を開発。
0502有機化学製品

大豆よりも低コストでバイオ燃料をより多く生産できるエナジーケーン

エナジーケーン(エネルギー生産用のサトウキビ)について、効率的な燃料抽出のための処理方法の課題に関する 4 件の研究結果を発表。化学物質を使用しない前処理技術、ハイスループットフェノタイピング技術の開発および多様なシナリオにおける商業規模でのエナジーケーン燃料生産の技術的・経済的な実施可能性について調査した。
0502有機化学製品

プラスチック不足を解消する新しい化学触媒 (Solving the plastic shortage with a new chemical catalyst)

天然ガスをプロピレンに変換する脱水素化(propane dehydrogenation: PDH)触媒を開発。
0502有機化学製品

関東圏に微生物機能を活用したバイオ生産の実証拠点を形成

「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発」の一環で、政府の掲げるバイオ戦略に基づいて、関東圏に産学でのバイオ生産実証を推進する拠点を形成するとともに、バイオものづくりに携わる人材を育成する事業を開始する。
0502有機化学製品

遺伝子組み換えイースト菌がバイオ燃料原料の範囲を拡大 (Engineered yeast could expand biofuels’ reach)

リグノセルロース系バイオマスを原料とする、バイオエタノールの高収率製造技術を開発。これまでに、特定の化合物を添加することで酵母の細胞膜を強化し、高濃度のエタノールを耐久できる酵母を開発し、エタノールの収率を約 80%向上させた。本研究では数種類の酵母株の酵素のうち最も優れたものを特定して指向性進化法(directed evolution)による改善を重ね、アルデヒドをアルコールに変換できる酵母を開発した。
0502有機化学製品

厳しい環境下で性能を向上させる乳タンパク質の発泡プラスチック

チーズ製造プロセスの副産物であるホエイ(乳清)タンパク質を利用した、生分解性でサステナブルな高強度の発泡体を開発。
0502有機化学製品

ヘテロナノグラフェン構造を用いた高効率・狭帯域青色発光体の開発に成功

硫黄原子を導入した有機ホウ素化合物を活用することで、優れた発光効率と色純度を併せ持つ有機EL用の青色蛍光体の開発に成功した。
0502有機化学製品

膨大なメタゲノムデータの相同性検索を可能にするシステム「PZLAST」

公開中の膨大なゲノム断片から予測したアミノ酸配列データをもとに極めて高速かつ高精度にアミノ酸配列の相同性検索を可能とするWebサービス「PZLAST」を開発した。
0502有機化学製品

ペロブスカイト太陽電池の安全でグリーンな製造方法 (A safer, greener way to make solar cells)

炭素ベースのペロブスカイト太陽電池(CPSCs)のプリント製造で使用する溶剤として、無毒性で生分解性のγ-バレロラクトン(GVL)を特定。
ad
タイトルとURLをコピーしました