0502有機化学製品一覧

腸内細菌による食後血糖調節機構の解明

組織特異的ノックアウトマウスを用いた検討を行い、摂食後の小腸内(LPS)産生菌の一過性の増加およびインスリン分泌に反応したマクロファージがAkt-mTOR経路の活性化によりインターロイキン10を産生し、IL-10がインスリンと共に肝臓での糖新生遺伝子発現を抑制することを発見した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク