0502有機化学製品

0502有機化学製品

分子が連動した新しい「チェーンメール」素材は、丈夫で柔軟、かつ簡単に作れる(New ‘chain mail’ material of interlocking molecules is tough, flexible and easy to make)

2023-01-18 カリフォルニア大学バークレー校(UCB)  カリフォルニア大学バークレー校の化学者らは、数百万個の同一の分子が連なった新しいタイプの材料を開発した。この材料により、柔軟性と強度と弾力性を備えた2次元または3次元の巨大...
0502有機化学製品

化学研究者が再生可能な塗料、コーティング剤、紙おむつを作る触媒を発見(Chemical researchers discover catalyst to make renewable paints, coatings, and diapers)

研究成果により、樹木やトウモロコシからバイオリニューアブルな素材を製造できるようになる Research discovery will enable the manufacturing of biorenewable materials ...
0502有機化学製品

不完全な酸化状態を純有機中性分子結晶で初めて実現~電子機能性有機物質の開発に新たな道~

2022-12-01 分子科学研究所 ポイント ・超伝導性などの特異な電子機能の発現の鍵となる「不完全な酸化状態*1」を単一の純有機*2中性分子*3で初めて創り出すことに成功しました。 ・「不完全な酸化状態」の形成には複数種の分子...
ad
0502有機化学製品

リグニンナノパーティクル セルロースと疎水性ポリマーを組み合わせた高度な応用のためのサステナブルレシピ(Lignin nanoparticles: A sustainable recipe for combining cellulose with hydrophobic polymers for advanced applications)

2022-11-07 フィンランド・アールト大学 化学チームは、濡れても強度を維持できる、強くて柔軟なセルロース系フィルムを製造する持続可能な方法を考案した。 この材料は、化学修飾を一切行わず、木材由来ポリマーと生分解性ポリマーを革新的...
0502有機化学製品

加硫天然ゴム中の未知構造が明らかに~ゴム製品の高性能化やリサイクル法開発への応用に期待~

2022-10-26 理化学研究所,東京工業大学,住友ゴム工業株式会社 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター先端NMR開発・応用研究チームの石井佳誉チームリーダー(東京工業大学生命理工学院生命理工学系教授、放射光科学研究センタ...
0502有機化学製品

紙の100倍以上の高熱伝導性を持つ木質バイオマス素材を実現 ~放熱性能を要求される高分子材料の代替え材として期待~

2022-10-26 東京大学 1.発表のポイント: ◆セルロースナノファイバー(Cellulose Nano Fiber, 以下CNF)を用いた製品の多くは、引っ張り強度やチクソ性などの機械的特性を利用したものですが、分子スケ...
0502有機化学製品

セルロースナノファイバーに生じた原子レベルの欠陥構造を発見~理想的なバイオポリマー材料の生産にむけて~

2022-10-07 京都大学 木質資源は地球上で最も豊富なバイオマスであり、その固形分の約50%をセルロースが占めます。低炭素社会の実現に向けバイオマスの高度利用が急務であり、セルロースの利活用は重要です。近年注目の活用例としてセル...
0502有機化学製品

生命の泉:水滴に生命を育む秘密が隠されていた(The fountain of life: Water droplets hold the secret ingredient for building life)

地球初期化学の鍵を発見、創薬のための化学合成のスピードアップにつながる可能性も Chemists discover key to early Earth chemistry, which could unlock ways to spee...
0502有機化学製品

使い捨てプラスチックに代わる木材を使った代替品を開発(UBC researcher creates wood-based alternative to single-use plastic)

2022-09-23 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(URC) UBCの研究者Feng Jiang博士は、プラスチックのように見え、プラスチックのように振る舞うが、生分解性のあるセルロースフィルムを開発した。 プロセスは、森林廃棄...
0502有機化学製品

リグニンを用いた触媒プロセスにより、100%持続可能な航空燃料を実現可能(News Release: Catalytic Process With Lignin Could Enable 100% Sustainable Aviation Fuel)

NREL、MIT、ワシントン州立大学の共同研究により、持続可能なジェット燃料への道筋が示される NREL, MIT, Washington State University Collaboration Provides Pathway t...
0502有機化学製品

励起一重項と三重項のエネルギー逆転を実現~フントの規則を破る新しい有機EL材料として期待~

2022-09-15 理化学研究所,大阪大学,山形大学,北海道大学 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター創発超分子材料研究チームの相澤直矢基礎科学特別研究員(研究当時)(現大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻助教)、夫勇進チー...
0502有機化学製品

酸素添加ではなく陽イオンを利用して反応を促進する酵素を発見(Researchers Explore Enzymes That Use a Cation, not Oxygen-Addition, to Drive Reactions)

2022-09-12 ノースカロライナ州立大学(NCState) 研究者らは、基質結合型鉄2-オキソグルタル酸(Fe/2OG)酵素の構造を定義し、この酵素を利用してさまざまな分子を作り出すことが可能かどうかを探った。研究チームは、この酵素...
ad
タイトルとURLをコピーしました