0502有機化学製品

0502有機化学製品

使い捨てプラスチックに代わる木材を使った代替品を開発(UBC researcher creates wood-based alternative to single-use plastic)

2022-09-23 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(URC) UBCの研究者Feng Jiang博士は、プラスチックのように見え、プラスチックのように振る舞うが、生分解性のあるセルロースフィルムを開発した。 プロセスは、森林廃棄...
0502有機化学製品

リグニンを用いた触媒プロセスにより、100%持続可能な航空燃料を実現可能(News Release: Catalytic Process With Lignin Could Enable 100% Sustainable Aviation Fuel)

NREL、MIT、ワシントン州立大学の共同研究により、持続可能なジェット燃料への道筋が示される NREL, MIT, Washington State University Collaboration Provides Pathway t...
0502有機化学製品

励起一重項と三重項のエネルギー逆転を実現~フントの規則を破る新しい有機EL材料として期待~

2022-09-15 理化学研究所,大阪大学,山形大学,北海道大学 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター創発超分子材料研究チームの相澤直矢基礎科学特別研究員(研究当時)(現大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻助教)、夫勇進チー...
ad
0502有機化学製品

酸素添加ではなく陽イオンを利用して反応を促進する酵素を発見(Researchers Explore Enzymes That Use a Cation, not Oxygen-Addition, to Drive Reactions)

2022-09-12 ノースカロライナ州立大学(NCState) 研究者らは、基質結合型鉄2-オキソグルタル酸(Fe/2OG)酵素の構造を定義し、この酵素を利用してさまざまな分子を作り出すことが可能かどうかを探った。研究チームは、この酵素...
0502有機化学製品

100%バイオ由来アジピン酸の合成方法を開発~環境配慮型ポリアミド66の実用化に向けたスケールアップ検討を開始~

2022-08-24 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOの「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発」プロジェクトにおいて東レ(株)は、100%バイオ由来のアジピン酸を合成する方法を開発し、実用化に向けた...
0502有機化学製品

環境にやさしいブルーへの道 – 新製法により、広く使われている有機染料の製造に必要な溶剤の量を大幅に削減(A greener route to blue – a new method drastically reduces the amount of solvent needed to produce widely used organic dyes)

フタロシアニンは、再生可能エネルギー生産、センシング、ナノメディシンなどに使用されています。アールト大学の研究者たちは、固体合成法を用いることで、高沸点有機溶媒を最小限に抑え、より環境に優しい方法でこの色素を製造する方法を実証しました。 ...
0502有機化学製品

立方体型分子に電子を閉じこめる~産学連携により前人未到の含フッ素分子の合成に成功~

2022-08-17 東京大学 1.発表のポイント: ◆全ての頂点にフッ素原子が結合した立方体型分子「全フッ素化キュバン」の合成に成功しました。 ◆多面体型分子の内部空間に電子を閉じこめた状態を、初めて観測できました。 ◆本...
0502有機化学製品

環境に配慮したバイオマス由来の光造形3Dプリンター用インクを開発 ~高精細、高靭性、高生産性を実現 バイオマスマークを取得~

2022-07-28 株式会社リコー 株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、環境に配慮したバイオマス*1由来の材料を使用しながら、高精細、高靭性かつ、高生産性を実現した光造形3Dプリンター用インク「LIFE PARTS(ライフ...
0502有機化学製品

パンやビールだけじゃない-微生物が二酸化炭素を発酵させて燃料を作ることに成功(Not Just Bread and Beer-Microbes Can Ferment Carbon Dioxide To Make Fuel, Too)

特殊な細菌がガス発酵を高速化する「二環式炭素固定」経路を解明 Scientists Mapped Out a "Bicyclic Carbon Fixation" Pathway for Speeding Up Gas Fermentat...
0502有機化学製品

強靭な木質リグニンを分解する新しい人工酵素 (New Artificial Enzyme Breaks Down Tough, Woody Lignin)

2022-05-31 アメリカ合衆国・パシフィックノースウェスト国立研究所(PNNL) ・ PNNL とワシントン州立大学(WSU)が、天然のペルオキシダーゼの働きを模倣してリグニンを分解する人工酵素を開発。 ・ 地球上で ...
0502有機化学製品

自然界にはない酵素を作る効果的な手法を開発 (Researchers Develop Powerful Strategy for Creating New-to-Nature Enzymes)

2022-05-02 アメリカ合衆国・イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 ・ イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 化学・バイオ分子工学部(ChBE)と米国エネルギー省(DOE)のバイオエネルギー研究センター (BRC)の ...
0502有機化学製品

千葉県で微生物発酵生産用の実証拠点を稼働開始~バイオ由来製品の商用生産を想定したスケールアップ検証などを実施~

2022-05-24 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOの「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発」の一環として、Green Earth Institute(株)は、バイオ生産プロセス実用化を促進させる...
ad
タイトルとURLをコピーしました