社会ネットワークが気候変動リスクの認知に影響する可能性(Study: Social networks can influence perception of climate-change risk)

ad

2024-05-22 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のイラン・シュー教授らの研究によると、社会ネットワークは気候変動によるリスク認識と財務行動に大きな影響を与えます。テキサスとフロリダのハリケーンによる洪水は、全国的に洪水保険加入を促進し、特に被災地と社会的に結びつきが強い地域で顕著でした。
◆洪水情報がソーシャルメディアを通じて迅速に広まり、他地域の人々がリスク認識を更新し、保険加入行動に影響を与える様子を明らかにしました。この研究は、洪水などの気候災害が最大3年間にわたり社会ネットワーク全体に影響を及ぼすことを示しており、災害準備や適応、損失軽減のための教育プログラムやコミュニケーション手段の設計に社会ネットワークを活用できることを示唆しています。

<関連情報>

気候変動リスクに関する社会的学習 Social learning about climate risks

Yilan Xu, Sébastien Box-Couillard
Economic Inquiry  Published: 01 March 2024
DOI:https://doi.org/10.1111/ecin.13210

Details are in the caption following the image

Abstract

With a social network adjacency matrix constructed from the Facebook Social Connectedness Index (SCI), this paper examines whether social learning facilitates climate risk perception updates to inform climate adaptation. We find that Hurricanes Harvey and Irma-induced regional flooding increased flood insurance policies nationwide to the extent of each county’s social network proximity to the flooded areas, with a corresponding update in climate risk perception. Social learning resulted in an additional 250,000 policies in flooded counties and 81,000 policies in unflooded counties over 3 years. We find evidence of the salience effect but no support for adverse selection or over-insurance.

ad
1600情報工学一般
ad
ad


Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました