NASA、自律航法システムの試験で月に「ビーコン」を灯す(NASA Lights ’Beacon’ on Moon With Autonomous Navigation System Test)

ad

2024-03-14 NASA

This image from the lander’s narrow-field-of-view camera was retrieved on Feb. 27. It shows spacecraft hardware in the foreground, and the gaping maw of a 2-billion-year-old lunar crater beyond. It’s approximately 500 meters to the near lip of the crater, and another 500 meters to its far side. Inky black space extends above the horizon.
Taken on Tuesday, Feb. 27, Odysseus captured an image using its narrow-field-of-view camera.
Intuitive Machines

NASAは2月に、月面にビーコンを点灯し、アルテミス時代の探査者が月面を訪れ、恒久的な人類の存在を確立する際により安全になるようにするための高度な位置決めシステムを成功裏にテストしました。月面ノード1デモンストレータ(LN-1)は、月面でリアルタイムのポイントツーポイント通信ネットワークを提供する自律型ナビゲーションシステムであり、NASAのCLPS(商業月面ペイロードサービス)イニシアチブの一環としてIntuitive MachinesのIM-1ミッションでテストされました。LN-1は、地球ベースの従来の無線データ中継よりも大幅に改善され、アポロ時代の宇宙飛行士が広大でほとんど灰色の月面で距離と方向を「目測」するよりも優れたシステムであるとNASAの研究者は述べています。

<関連情報>

ad

0302航行援助施設
ad
ad
Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました