NASAのエンジニアが物理学の限界に挑戦して光を集める(NASA Engineers Push Limits of Physics to Focus Light)

ad

2023-12-05 NASA

◆NASAのゴダード宇宙飛行センターは、太陽表面近くの小規模な特徴を捉えるための精密な小型衛星を開発中です。これらの特徴は太陽風の加熱と加速を促進すると考えられています。極端紫外線光を焦点に当てる光子フィルターの技術を使用し、現行技術よりも10〜50倍細かい特徴を解像度良く捉えることが期待されています。
◆これらのフィルターは幅広く、超薄く、正確な穴がエッチングされた膜で構成され、彼らの構築は物理的な挑戦を伴います。これに成功したエンジニアは、VISORS CubeSatミッションなどの一環として2024年に打ち上げ予定で、将来の更なるミッションにつながる可能性があります。

<関連情報>

太陽望遠鏡の進歩
Advances in solar telescopes

Holly Gilbert
Physics Today
DOI:https://doi.org/10.1063/PT.3.5292

Large arcs of solar material, or prominences, are common features of an active sun. They were only discovered once astronomers viewed the Sun through telescopes. The Solar Dynamics Observatory now provides high-resolution monitoring of such solar activity. (Courtesy of NASA's Goddard Space Flight Center Scientific Visualization Studio and the Solar Dynamics Observatory.)

0300航空・宇宙一般
ad
ad
Follow
ad
テック・アイ技術情報研究所
タイトルとURLをコピーしました