製造建屋におけるローカル5G電波伝搬改善について~弱電界となっていたエリアの電波環境の改善を確認~

ad
ad

2022-01-25 東芝インフラシステムズ株式会社

東芝インフラシステムズは、当社府中事業所内の産業用システム機器を製造する製造現場内に構築したローカル5Gネットワーク注1において、透明な5G電波反射フェンスを使用することで、建屋内の壁や資材棚等の遮蔽物により弱電界となっていたエリアの電波環境の改善が図れることを確認しました。実験に使用した5G電波反射フェンスは、AGC株式会社が開発中のスマートファクトリーを想定した安全柵共用のものです。

ローカル5Gは、高速・大容量・低遅延・多接続という5G無線の特徴に加え、特定のエリア・用途で事業者が独自に構築・運営できるという自営無線ならではの柔軟なエリア設計が実現できる特徴があり、工場やプラント、ビル施設など様々な領域での活躍が期待されます。
しかし、実際の工場やプラント内でのローカル5Gエリア構築には、建屋内の歪曲した構造や、製造機材・資材保管の金属棚などが電波遮蔽物となって不感エリアの発生や、無線環境構築後の製造ライン組み換えによる内装変更での弱電界エリアが発生する等の課題がありました。

今回、電波反射フェンスを活用し、既存の建屋内のローカル5G無線送信点からの電波を特定の方向に反射させ、ローカル5G無線を利用したい目的のエリアに対しての電波強度を向上出来る事を確認しました。

タイトルとURLをコピーしました