英国:国防科学技術研究所(Dstl)が危険な現場で化学薬品を探索する最先端ロボットを開発

ad
ad
ad

State-of-the-art robot seeks out chemical agents

「政策の科学」関連 海外情報(GOV.UK 記事) 元記事公開日: 2021/1/14

マーリンロボットを使用した27Sqn RAFRegtの軍事ユーザー

英国国防科学技術研究所(Dstl)の科学者たちが、危険な現場での防衛・安全保障担当者の対応を支援する完全自律型ロボットの試験に成功した。業界パートナーのHORIBA-MIRA社が、国防省(MOD)と内務省(HO)から資金提供を受けて開発したマーリンロボット(Merlin Robot)は、最大1万平方メートルの試験エリアでの模擬化学偵察タスクを自律的に実行した。ロボットは、タスクを数時間継続して簡単に遂行できるため、担当者は、安全な距離を保ち、潜在的な危害から離れて、試験現場をモニター・管理することができる。現在、化学薬品の使用が疑われるか確認された場合には、専門家が徒歩または特別に改造された車両で偵察を行っているが、将来的には、自律システムにより、人員の負担や偵察チームのリスクが大幅に軽減される可能性がある。
https://www.gov.uk/government/news/state-of-the-art-robot-seeks-out-chemical-agents

 

タイトルとURLをコピーしました