米国:国立衛生研究所(NIH)とモデルナ社のCOVID-19ワクチン臨床試験の有望な中間結果

ad
ad
ad

Promising Interim Results from Clinical Trial of NIH-Moderna COVID-19 Vaccine

「政策の科学」関連 海外情報 (NIH記事) 元記事公開日:2020/11/16

SARS-CoV-2のスパイクタンパク質の3Dプリント

独立データ安全性モニタリング委員会(DSMB)は、mRNA-1273として知られるCOVID-19ワクチン候補のフェーズ3臨床試験データをレビューし、臨床試験監督グループとその中間分析結果を共有した。結果は、ワクチンの有効性は94.5%であり、成人の症候性COVID-19の予防に安全かつ有効であることを示している。95例の症候性COVID-19のうち、90例はプラセボ群(偽薬投与グループ)で発生し、5例はワクチン接種群で発生した。95例のうち重症COVID-19が11例あり、そのすべてがプラセボ群で発生した。ワクチンは、モデルナ社とNIHの国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)によって共同開発されたもので、モデルナ社のmRNAデリバリープラットフォームと、NIAIDが開発・安定化したSARS-CoV-2スパイク免疫原(S-2P)を組み合わせたものである。
https://www.nih.gov/news-events/news-releases/promising-interim-results-clinical-trial-nih-moderna-covid-19-vaccine

タイトルとURLをコピーしました