自家和合性のウメ新品種「麗和」と「和郷」~受粉樹が不要で果実が大きくヤニ果の発生が少ない~

ad
ad

2020-09-14 農研機構

ポイント

農研機構は、自家和合性1)のウメ新品種「麗和」と「和郷」を育成しました。両品種とも果実が大きく2)、ヤニ果3)の発生が少ないため、梅干しや梅酒などの用途に優れた特性をもつとともに、開花期がやや遅いため、「白加賀」など開花期が遅い自家不和合性品種の受粉樹として期待されます。「麗和」は実ウメ4)では少ない八重咲きです。「和郷」は果実の大きさに対して核5)が小さく、果肉の多い品種です。両品種の苗木は令和3年秋から販売される予定です。

概要

ウメの主要品種である「南高」6)や「白加賀」7)は自家不和合性で、結実するためには受粉樹が必要です。また近年、開花期の天候不順の影響で、結実が安定しない年が増えています。受粉樹の要らない自家和合性品種を用いれば結実不良の問題は解決しますが、ウメの自家和合性品種の多くは『小梅』とよばれる果実が10g程度以下の品種です。また、果実が大きい品種ではヤニ果と呼ばれる生理障害の発生が問題となっています。

そこで農研機構では、自家和合性を有し、果実が30g以上と大果になり、ヤニ果の発生が少ないウメ品種「麗和」と「和郷」を育成しました。

両品種は開花期がやや遅く、開花期が遅い「白加賀」や「古城ごじろ」8)の受粉樹として利用できます。「麗和」は実ウメには少ない八重咲きで、一重咲きの品種とは異なる鑑賞的価値も有します。「和郷」は核重率9)が「南高」と比較して大幅に低く、可食部位の多い品種です。

両品種の苗木は、日本果樹種苗協会と許諾契約を締結した果樹苗木業者から、令和3年秋より販売される予定です。

関連情報

予算:運営費交付金

品種登録出願番号:麗和:「34687号」、和郷:「34688号」(令和2年7月16日出願公表)

問い合わせ先

研究推進責任者 :農研機構果樹茶業研究部門 研究部門長 高梨 祐明

研究担当者 :同 品種育成研究領域 八重垣 英明

広報担当者 :同 研究推進部研究推進室 果樹連携調整役 大崎 秀樹

詳細情報

新品種開発の社会的背景と経緯

ウメの主要品種である「南高」や「白加賀」は自家不和合性で、結実するためには受粉樹が必要です。また近年、開花期の天候不順の影響で結実が安定しない年が増えています。受粉樹の要らない自家和合性品種を用いれば結実不良の問題は解決しますが、ウメの自家和合性品種の多くは『小梅』とよばれる果実が10g程度以下の品種で、30g以上となる品種は稀少です。また、果実が大きい品種ではヤニ果と呼ばれる障害の発生が問題となっています。

そこで農研機構は、自家和合性を有し、果実が30g以上になり、ヤニ果の発生が少ないウメ品種「麗和」と「和郷」を育成しました。

新品種「麗和」の特徴

1.「加賀地蔵」10)に「月知梅げっちばい」11)を交雑させて「麗和」を育成しました(写真1)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました